BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

ブログ開設1周年

 

早いもので、11日にブログ開設1周年を迎えました。

 

謝辞

1年間に書いた記事の数は190に達しています。2日に1回を超えるペースで投稿していたことになりますから、素人のブログとしては頑張った方だと思います。

私は元から読んだり書いたりするのが好きなたちでしたが、それでも読者の皆様なしではここまで続けることは出来ませんでした。皆様の支えのおかげです。本当にありがとうございます。

 

反省点 

反省すべき点は色々と挙げられますが、根本的な反省点は「目標が定まっていなかった」ということに尽きます。

私は最初の方の記事に「まずは3ヶ月を目標に頑張る。中弛みを防ぐためにそれ以上のスパンでは考えない」と書きました。結果として、それは成功だったと思います。最初の3ヶ月間はガムシャラに記事執筆に打ち込むことが出来たし、何を書いても楽しかったです。サッカーに関する知識はその頃に一番増えていたし、文章力もその頃に一番伸びていたでしょう。

ただ「3ヶ月頑張ろう」という気持ちが強すぎたあまり、その後に反動が来てしまいました。この点は失敗だったと思います。ボンヤリしたものでいいから、もう少し長期的な目標を用意しておくべきだったのでしょう。

 

目標についての考え方の変化

そもそも目標というものについての考え方が、当時と今とでは変わってきています。1年前は

目標は具体的であればあるほどいいんだ!

長期的な目標なんて、どうせ中身がない抽象的なものにしかならねぇ!

そんなもん要らねぇ!

 

と思っていたのですが、今は

 

長期的な目標が全く無いよりは、あった方がいいな。

たとえ抽象的な目標でも、あった方がいいな。

 

と考えるようになっています。

 

短期的・具体的な目標はどんどん宣言した方がいいと思います。いい意味でプレッシャーがかかり、「やらなければ」という動機づけが強まります。いわゆる有言実行ですね。

では、長期的・抽象的な目標の方はどうでしょうか。こっちは別に口に出す必要はないでしょう。少なくとも今の私はそう考えています。

未来のことなんか誰にも分からないし、長期的な目標はしょっちゅう修正を強いられるはずだからです。その度に「また目標を変えてしまった。自分は一貫性がないダメなやつだ」などと思っていては精神衛生上良くありません。それに、抽象的な目標を熱く語っていたら自己啓発系の怪しい人と思われるかもしれません。すでにそう思われてるかもしれないけど……。

ですから、長期的・抽象的な目標は「内に秘めておく」程度で丁度いいのではないかな、と思います。言葉にしなくても、心の中にそういうイメージがあるというだけでいいんです。文字通り「ビジョンを持つ」ということですね。

次の1年でこのブログをこういう風に発展させたいな……というイメージは少しだけ持っているのですが、そんなわけで宣言はしないことにします(笑) 終わり。