BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

サッカーにはどんなポジションをがあるのか? FC岐阜の場合その6

 

 

ゴールキーパー

f:id:buhix:20171012211527j:plain
最後はゴールキーパー。1人だけ目立つ服を着て、手袋してる人な。略称はGK。

f:id:buhix:20170419152730j:plain
その説明はどうなんですか…。

f:id:buhix:20170419153019j:plain
岐阜のGKは何と言ってもビクトルだな。去年は全試合フル出場だった。

f:id:buhix:20170420131908j:plain
まさに守護神ですね。

f:id:buhix:20171012211527j:plain
GKの仕事は特殊だし、詳しく言い出したらキリがないんだけど俺もあんまり詳しいことは知らないんだけど、簡潔に言うと相手のシュートを止めることだな。

f:id:buhix:20170419153019j:plain
簡潔すぎじゃね?

f:id:buhix:20171012211527j:plain
いや、シュートっていうのは攻撃側から見てもけっこう特別なものだから、「シュートを止める」と言っただけでもGKの特別さを説明したことになるんだぞ。
何回か言ったように、攻撃には「ボールの保持→前進→フィニッシュ」の3段階がある。で、守備側は色んな方法でこれを邪魔する。例えば「保持」の段階で止めてしまおうと思ったら前線から激しくプレスをかける。それが難しかったら相手を待ち受けて「前進」の段階で止める。いわゆるゾーンディフェンスとかブロックを作るというやつだな。
そんな風にあの手この手で守るから、攻撃側はなかなかフィニッシュ(シュート)までたどり着けないんだ。

 

f:id:buhix:20170420131822j:plain

手で守るんですか?

サッカーは手を使っちゃダメですよ?

 

f:id:buhix:20171012211527j:plain

「あの手この手」っていうのはそういう意味じゃねーよ。

ともかく色んな手で守るわけだが、いつも「保持→前進」の段階で相手を止められるわけじゃない。「フィニッシュ」にたどり着かれてしまうこともある。

 

f:id:buhix:20170419152730j:plain

攻める側も色んな手を使ってきますからね。全てを完璧に止めることはできません。

 

f:id:buhix:20171012211527j:plain

「フィニッシュ」とは要するにシュートを撃たれるってことだ。この段階まで来たら、もう守備側にできることはあんまりない。とっさにシュートをブロックできることもあるけど、間に合わないことも多い。

でも「何かできる選手」が1人だけ残っている。それがゴールキーパーだ。ゴールキーパーは特別に手を使ってもいいことになっていて、相手が「フィニッシュ」にたどり着いた後にも手で得点を阻止できる。まさしく最後の砦だな。

実際はキーパー1人でシュートを止めるわけじゃなくて、DFがシュートコースを限定する等々の要素も絡んでくるんだけど。細かいことは置いておこう。俺もあんまり分かってないし。

 

f:id:buhix:20170419151958j:plain

敵が手を使って攻めてくるから、味方も手を使って守って、でも守りきれないことがあって、ゴールキーパーは手を使うことができるから、えーとえーと……

 

f:id:buhix:20170419152009j:plain

だから、キーパー以外の選手の「手」っていうのはそういう意味じゃねーよ。

 

f:id:buhix:20171012211527j:plain

もちろんGKの仕事はそれだけじゃない。戦術はどんどん進歩するから、今はシュートを止める以外の役割も求められるようになってきてる。
例えば攻撃の3段階のうち「保持」に参加することもある。

 

f:id:buhix:20170419152730j:plain

センターバックだけじゃなくて、GKまで加わって攻撃の土台作りをするようになってきた、ということですね。

 

f:id:buhix:20170419153019j:plain
岐阜も去年のシーズン序盤はよくGKにバックパスしていたな。つまりビクトルが「保持」に加わっていた。途中からあまりやらなくなった気がするけど。

 

f:id:buhix:20171012211527j:plain

パスを受ける時のトラップを見ると「おっ、ビクトル上手いな」と思うけど、ロングキックの精度はいまいちかもしれないな……(笑)

 

あとがき

最初に「人に教えることが一番勉強になる」と書いた通り、このような記事を書くことは、私自身にとって大いに勉強になりました。計6つの記事を書き上げる過程で、サッカー全般についての考え、FC岐阜のサッカーについての考え、等々を整理することができました。

ただ、内容が本当に初心者向けになっていたかどうかは分かりません(一応サッカーに詳しくない友人に見せて、意見をもらってはいますが)。実質は岐阜サポーター向けになっており、それ以外の方には分かりにくかったかもしれません。あるいは、十分な観戦経験を積んだ方にとってはつまらない内容だったかもしれません。用語の解釈、プレーの解釈等が誤っていれば、コメント欄やツイッターで遠慮なく指摘していただければ幸いです。

諸々の反省は以降の記事に生かしていくつもりです。いずれ「超初心者向け」と言うべき記事にも挑戦してみたいなと考えています。