BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第39節(松本山雅戦)の結果と感想

 

 1-2で敗れました。とりあえず気づいたことを書き留めておきます。

 

来年の準備か?

 今節はなんとスタメンに福村の名前がありません。それどころかリザーブからも外れています。ここまで不動のレギュラーとしてチームを引っ張ってきたのですが、どうしたことでしょう。来年は清水に戻ることが決定したのでしょうか、はてさて。

 代わって左SBで出場したのは磐瀬。今シーズン初スタメンです。もしかして退団が決まっているのはこっちなのかも…?という気もします。

 その他、前節出場停止だった田森がスタメンに戻るかと思われましたが、CBは阿部と青木のままでした。田森は怪我でもしているのでしょうか(怪我と言うなら、青木も前節に途中交代しているのですが…)。

 

前半は岐阜の右vs松本の左

 過去の記事にも書きましたが、松本の高崎は空中戦・ポストプレー・得点力等々に優れた万能型の1トップです。松本の攻撃はだいたい高崎へのロングボールで始まります。

 高崎へのボールを競りに行く役目は、主に阿部が負っていました。阿部が高崎に対応するために前に出ると最終ラインにスペースができます。そこを左シャドーの石原が突く、というのが松本の基本方針だったようです。

f:id:buhix:20171031061153j:plain

※選手の位置はあくまで模式的なものに過ぎません

 

 阿部が高崎の方に寄った時、石原がマークされずに浮いていることがありました。庄司が下がって右CBの位置に入ることもありましたが、常にというわけではありません。大本が石原をマークすればよかったのかもしれませんが、そうすると那須川が空いてしまうので難しかったのでしょう。

 ならばとパウロの位置を下げて那須川に対処させてもいいのでしょうが、あまりWGが下がると攻撃への切り替えが遅れてしまいます。それに、カウンターを警戒させておかないと相手CBの安川まで攻撃参加してくる可能性があります*1。というわけでパウロの位置を下げるともっと苦しくなるかもしれません。

 総じて、前半の松本は左サイドでフォーメーションのミスマッチを上手く作っていた感があります。

 

 阿部は高崎と空中戦で競り合いつつ石原にも警戒するという困難な役割を果たしていました。しかし意外と(?)石原のスピードにはついて行くことができていました。前半を無失点で終えられたのは立派だったと思います。 

 一番危なかった35分のピンチも石原の飛び出しによるものではありません。工藤にパスをカットされてから、前線に走り込む高崎へと素早くボールを送られたことで生まれたものです。つまりカウンターですね。

 この場面では阿部、青木ともに高崎に振り切られています。高崎は松本得点集で紹介したような角度のない所からのシュートを放ちましたが、わずかに枠の外へと外れていきました。

 このように高崎は足も遅くないので、ポスト役になって味方を飛び出させるだけでなく、自分で裏に抜け出すことでも相手の脅威になれます。後半は高崎が自分で裏を狙う場面が増えていきます。

 

 岐阜の攻撃に話を移すと、前半は右サイドからの攻撃が多くなっていました。いつもは左サイドからの攻撃が多いのですが、福村がいない影響なのでしょう。阿部はビルドアップの局面でボールを触ることが多く、攻撃時も随分と忙しそうでした。

 また、序盤はあまりショートパスにこだわらず、シンプルにWGに蹴っていくような戦い方をしていました。ピッチ状態を考えて慎重に試合に入ったということかもしれません。パウロ、古橋ともにロングパスを引き出す動きは上手かったと思います。欲を言うなら35分のチャンスは決めてほしかったところです(たぶんパウロが自分で撃つよりも古橋にパスした方がよかったでしょう)。

 

後半は岐阜の左vs松本の右

 松本の反町監督はハーフタイムのインタビューで「相手の狙いは分かってきた。こちらは最終ラインの裏のスペースをどう使うかだ」と語っています。その言葉通り、松本の攻撃に少し変化が見られました。

「高崎に当てて石原が飛び出す」というパターンは減り、高崎が自分で裏を狙う場面、あるいは右サイドに流れてプレーする場面が増えました。このため前半よりは右サイドからの攻撃が多くなりました。と言っても前半に比べての話であって、「攻撃が右に偏っていた」というわけではありません。

 その他パウリーニョ、武井、安川らの攻撃参加も目立ったので、全体的にリスクをかけて攻めに出ていたのかなという気がします。どうしても勝ち点3が取りたかったということでしょうか。

 

 一方、岐阜は前半に比べると左サイドからの攻撃が多くなりました。こちらも大木監督が何かを修正してきたのでしょうか。あるいは磐瀬が慣れてきたせいでしょうか。

 磐瀬はただ高い位置を取るだけではなく、古橋が外にいる時は内に、古橋が内にいる時は外に、という具合に動き方も工夫していました。最後に自分でクロスやシュートに行けないので、そこは福村と差があるなと感じましたが、あれだけ攻撃に顔を出せるならばWGを活かすためのサポートとしては十分だと思います。

 もちろん守備は元から良く、工藤や田中隼磨ら松本の主力選手とマッチアップしても負けていませんでした。

  

 76分からは左WGに薮内が入りましたが、こっちはまだ少し課題があるのかなと感じました。ボールを欲しがるジェスチャーは積極的に見せているのですが、なかなかパスが回ってきません。ポジショニングが悪いのでしょうか。ただ、タッチの細かいドリブル等には独自のものがあると思います。

 

 チーム全体について言うと、ペナルティエリア内でどうやって前を向いてボールを持つかが課題ではないでしょうか(岐阜に限らず世界中のチームの課題かもしれませんが…)。特に松本のように運動量がある相手だと、モタモタしていたらペナ内に8人も9人も戻ってきてしまいます。松本は主力が高齢化しているとか運動量重視のスタイルに翳りが見えるとか言われていますが、現時点ではまだまだ打ち破ることが出来ていません。それを直視して、今後どうするか考えていってほしいものです。

 もちろん補強で「前を向けるFW」を獲るというのも1つの手です。しかしどうせ頑固に戦い方を変えないなら、ワンツーやポストプレーで「人数をかけて前を向く」ことにこだわってほしいな、と個人的には思います。「1人で前を向けないなら、人数をかけて誰かに前向きでボールを持たせればいいじゃない」という発想ですね。大木サッカーは基本的に「1人で出来ないなら多人数で」の積み重ねだと思うので、是非ともそれを貫いて、来季は100得点くらいすることを期待しています(無茶振り)*2

 

関連記事

*1:松本の決勝点は安川の攻撃参加(から得たFK)から生まれた。

*2:調べたら2013年のガンバでも99得点だった。