BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第35節(名古屋グランパス戦)の感想その3

 

 引き続き名古屋戦の失点シーンを振り返っていきます。

 

4失点目

 小林→青木→宮原→小林→青木と繋いで青木がシュート。小林のパス&ゴーが良かったし、裏のスペースやサイドのスペースも使った完璧な崩しだったと思う。6失点の中で「一番綺麗にやられたな」という印象が残る。この流れの中に田口とシャビエルの名前がないのもポイントで、名古屋には彼ら2人以外にも技術の高い選手がたくさんいる。

 

 青木のシュートはビクトルがセーブするが、こぼれ球はフリーのシャビエルへ。冷静に決めてハットトリック達成。

 こぼれ球がシャビエルの所に来たのは運と言えば運かもしれないが、ペナルティエリア内で敵をフリーにするのは果たして運だろうか。そもそも小林から青木へのラストパスがペナ内の狭い所を通すパスだった。あれを通される時点でもう守備組織としてはボロボロ。金華山崩落。長良川堤防決壊。根尾谷断層パックリ。あとは青木に何人も引っ張られて、シャビエルを見逃すのみ(阿部は最後まで諦めずにスライディングしていたけど)。

 

 1つ付け加えておくと、この状態から1点を返してさらに攻め続けたことは立派だと思う。

 

5失点目

 名古屋のCKを弾き返した後、セカンドボールを和泉に拾われる。近くにいたのはシシーニョだが、いつもならあんなに簡単にセカンドボールを渡さないと思う。攻撃にエネルギーを使って疲弊していたのだろうか。それとも、こう思ってしまうこと自体がシシーニョへの贔屓目なのだろうか。
 なお感想その2に書くのを忘れてしまったが、岐阜がセットプレーから失点しなかったことは評価に値すると思う。シャビエルはプレースキッカーとしても卓越していて、多くのチームが名古屋のセットプレーにやられているからだ。

 その後は和泉→田口→青木と繋がれ、青木がゴール。田口が青木に出したパスは凄すぎて褒めるしかない。側面にいた青木の動きを完璧に把握していて、しかもワンタッチで正確にボールを渡している。

 この場面に限らず、田口の技術はシャビエルとともに別格だった。以前の田口のプレーは詳しく知らないが、風間監督の指導によりさらに上手くなっているのだろうか。

 

 しかし、欲を言えば簡単に田口に渡されないようにしてほしかったところ。古橋が飛び込んで和泉にかわされ、次に永島が寄せるもパスを出されてしまう。さらに難波が足を出したがカットはできず。計3枚を費やしても和泉を止められないのは、ちと切ない。
 それから、いくら田口のパスが凄かったとはいえ青木の周囲のスペースがあんなに空いているのは問題だと思う。青木は小野のすぐ近くにいたが、和泉→田口のパスが出る前にペナルティエリアの角辺りへと移動した。いわゆるハーフスペースだ。小野はボールの方を向いており、気づいた様子がない。庄司の位置からは青木の動きが見えたと思うが、ついて行けというのも酷な話だろうか。自分が行くのは無理でも小野にコーチングしたりとか、何かできなかっただろうか。

 田口→青木のパスが出た後、小野が慌てて青木に対応するが時すでに遅し。岐阜側にはオフサイドをアピールしている選手もいるが、ラインを上げきれていない。
 この5失点目の場面では全体的に岐阜の選手の動きが緩慢だ。やはり体力や集中力の限界だったのだろうか。

 

6失点目

 名古屋はFKを得てもゴールに蹴らず、シャビエルと小林でパス交換しながら様子をうかがう。残り時間を考えると普通の選択だろう。


 一旦後ろの宮原に戻した後、宮原から田口へ。この宮原のパスは見事なスルーパスだったし、サイドのスペースに流れて受けた田口の動きも見事。しかし、それを差し引いても岐阜があまりに簡単に通されすぎ。
 そこからまた後ろに戻して、再び宮原→田口。パスの上手さも、サイドに流れて受けた田口の動きも、まるで直前のリプレーを見るかのようだった。1度なら相手の好プレーでも、2度連続で同じことをされたら「遊ばれている」のと同じだ。田口があまりにもどフリーなので一瞬オフサイドに見えてしまうが、オフサイドはない。もう完全に岐阜の足が止まっている。何度目かの、そして最後の攻勢終末点だ。


 田口がクロスを送り、飛び込んできた永井が合わせてゴール。やはり田口は味方の動きがよく見えている。もちろん決めた永井も見事。田森はよく永井について行ったが、惜しくも止められなかった。

 

おわりに

 上に「セットプレーで失点しなかったことは評価に値する」と書いたが、逆に言えばすべての点を流れの中で取られたわけだ*1

 大木監督がよく言う「簡単に失点してしまう」というフレーズは、この試合には当てはまらないと思う。スローインやセットプレーから「簡単に」失点したのではなく、パスからアシストを経てゴールまで、何プレーも連続で自分たちの力を上回られた末に失点しているからだ。

 しかもそれが1度や2度ではなく、1試合のうちに6度も起こった。完敗と言うほかはない。この結果から何を得るかは、監督や選手次第、私たち1人1人次第だろう。

失点シーンの個人的敢闘賞:パウロ、阿部

 

 

濃尾地震と根尾谷断層帯―内陸最大地震と断層の諸性質

濃尾地震と根尾谷断層帯―内陸最大地震と断層の諸性質

 

 

 

*1:5点目はCK、6点目はFKが起点になってはいるが。