BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第35節(名古屋グランパス戦)の結果と感想

 

 2-6で敗れました。

 5点目を取られるまでは好ゲームだったと思います。4-3にできていたら勝負の流れはまだまだ分からなかったかもしれません。

 とりあえずこの記事では、私の感想も交えて大まかな試合の流れを振り返ってみます。

 

開始前

 試合展開はたぶん「行けるところまで飛ばして行く」という感じになると予想。ペース配分を考えていられるような相手ではないし、岐阜は普段から「守りながらチャンスを待つ」というサッカーなどしていないからです。

 でもまあ序盤に全力を出してペースを掴めば何とかなるんじゃないかな、名古屋はどっちかというと走って受けるよりは足元で受けるチームだし、プレスがしっかりかかっていれば大丈夫なんじゃマンマークされれば金沢にも負けるくらいだし)……と甘いことも考えていました。

 

 ちなみに名古屋の風間監督は頻繁にスタメンをいじることで有名ですが、この日は前節と同じメンバーで試合に臨んできました。前々節の金沢戦に敗れた後、東京V戦で立て直して手応えを掴んだようです。「風間監督はこのメンバーに自信を持っているのかな」「よっぽど調子がいいのかな」と少し嫌な予感が頭をかすめます。

 

序盤

 予想通り、試合開始から岐阜がどんどんプレスをかけに行きます。相手にプレッシャーをかけたりパスコースを限定したりというよりは、激しく当たって本気で奪いに行くようなプレスです。90分もつのかな?という心配はありますが、序盤から飛ばすしかないのでしょう。

 

 名古屋の最重要人物は何と言ってもシャビエルですが、特定の選手がマークにつくという様子はなし。ただし、彼がボールを持ったら必ず誰かが素早く寄せに行っていました。

 また、岐阜がボールを持てているうちは左サイドからの攻撃が多くなるため、反対サイドにいるシャビエルがボールを触る機会は少なくなっていました*1

 

 シャビエルのポジションは左SHということになっていましたが、頻繁に中央に寄ってFWの位置に入っていました。そして、全速力で戻って守備に参加するということをなかなかしません(シャビエルがカウンターの準備をしている方が相手の脅威になるとも言えますが)。

 よって、左SBの和泉に守備面で負担がかかっていました。岐阜の先制点が右サイド(名古屋の左サイド)から生まれたことも、これと無関係ではなかったでしょう。

 

 ちなみに名古屋の2トップ(佐藤寿人、玉田)が岐阜のCBに優っていたようには見えません。2人とも背が低いのでロングボールをヘディングで競ることはできないし、玉田はしょっちゅう中盤に下がっていたためFWとしての脅威は感じませんでした(組み立て役としての貢献度はともかく)。佐藤はかつて裏抜けの達人でしたが、抜け出してゴールに向かう動きはそんなにありませんでした。

 

 この試合では、岐阜の両CBが前に飛び出して相手を止めに行くシーンが目立ちました。これには最終ラインに穴を開けるというデメリットもありますが、後ろを突かれる心配をするよりは前方の相手を自由にさせないことを優先したのでしょう。

 名古屋のように足元で繋いでくる相手に対してはそれが妥当だと思います。前線や中盤でプレスがしっかりかかっている間は、最終ラインにできた穴を突かれるということもありませんでした。

 

 印象に残った名古屋の選手をあと一人挙げておくと、宮原です。同じサイドに岐阜の福村がいるのですが、彼に負けないくらいドリブルでボールを運んでいました。攻撃的なSB同士のマッチアップは見応えがありました。

 

だんだん・・・

 滑り出しはよかったものの、だんだん岐阜の運動量が落ちてきます。映像を見直すと28分ごろから明らかに田口、小林、シャビエルらが自由にプレーし始めていました。

 特に、田口や小林のように視野の広い選手へプレッシャーをかけられなくなったのは大きかったと思います。名古屋の得点のうち本当に綺麗なパスワークで崩されたと感じるのは4点目のみ(5点目6点目も見ようによっては)で、1~3点目はすべて田口か小林のロングパスが起点となっています*2 *3

 

難波投入

 58分にはパウロに代わって難波が投入されます。この日のパウロはあまり派手なプレーこそありませんでしたが、大本が上がった後のカウンターに対処したり、大本のゴールをアシストしたりと価値ある働きをしていました。ここ何試合かでパウロと周囲の連携がだいぶ良くなっているように見えます。過去の記事に書き忘れてしまったので、この場を借りて記しておきます。

 

 難波が入った後の岐阜はオフサイドを含めると3度ゴールネットを揺らしました。私はあまり好きな言い回しではないのですが、いわゆる「戦う姿勢」というものは最後まで見えていたと思います。

 特に庄司からは今までにないほどの気迫が感じられました。小野がアンカーに入って庄司が上がるという形は今までにもありましたが(特にビハインド時)、後半の庄司はまるでFWのように前線に張ったり、相手にプレスをかけに行ったりしていました。こんなに前がかりになっている姿はちょっと見たことがありません。

 キャプテンはまさにチームコンセプトの体現者であり、今年のFC岐阜の戦い方をその身で示した、ということなのでしょう。

 

シモビッチ投入

 62分には名古屋が玉田に代えてシモビッチが入れてきます。正直、リアルタイムで観ている時には「悪手じゃないかな?」と感じました。玉田を下げたら中盤で組み立てに関わる選手が1人減ります。するとまた岐阜が中盤でボールを支配できるようになるのでは……? 考えられます。

 80分過ぎくらいまでは大体そのような展開になっていたと思います。玉田がいなくなった分だけ岐阜がボールを持てるようになりました。1点を返す難波のゴールが生まれ、その後も攻勢をかけることができました。冒頭にも書きましたが、ここでさらに1点取れていればどうなったか分かりません。

 

 ただ、流石に体力の限界だったのか、5点目を取られて集中力が切れたのか、シモビッチにボールをキープされるようになります。すると時間も稼がれるし、再び名古屋にボールを支配されてしまったように見えました。

 玉田からシモビッチへの交代がトータルでプラスだったのかは分かりません。しかし、最終盤に来てシモビッチに上手く試合を閉められたな、という印象はあります。ずっと玉田でよかったような気もしますが、玉田はフル出場するのが難しいのかもしれません。

 

*1:左からの攻撃が多いのは福村、シシーニョ、古橋等キーとなる選手が左サイドにいるため。シャビエル対策というよりは元からの傾向。

*2:私は田口と小林のパスセンス、視野の広さを褒めたつもりであって、「ショートパスで綺麗に崩されてないから負けじゃない」的な負け惜しみだと解釈されたら困る。

*3:よく見たら2点目の起点のパスはそんなにロングじゃないかも。