BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第34節(アビスパ福岡戦)の感想その2

 

 映像を見直して気づいたことを書いていきます。

 

 

相手も必死だ

 福岡は山瀬をボランチに、三門を2トップの一角(あるいはトップ下?)に入れて試合に臨んできました。予想フォーメーションとは異なる布陣です。

 また、キックオフ直後には右SHのジウシーニョが逆サイドまで行ってスローインを受けるという奇策?(セットプレーの1つ?)も使ってきます。6戦勝ちなしから脱出するために、福岡が策を講じてきたことが分かります。

 

 その後は岐阜のDF陣が福岡の前線に押される展開が続きます。こちらのボール保持率が高く、相手のチャンスはたまにしか巡ってこないのだから「押される」という表現には違和感を持たれるかもしれません。しかし、敵FWと岐阜DFの力関係では劣勢だったと思います。

 特にジウシーニョや仲川のスピードには手を焼いていました。当日は「ああ、これはいずれ失点してしまうぞ」と思ってスタンドで観ていましたが、映像を見直してもやはり同じ印象を抱きました。山口戦を安心して見ていられたのとはまったく反対の状態です。

 それでも流れの中での失点は1に抑えたので、よく頑張ったと言うべきなのかもしれませんが。

 

 三門はロングボールを頭で落としたり、ポストプレーをしたり、裏抜けを狙ったりというFWらしい動きもしていましたが、それ以上にプレッシングの統率役として期待されていたようです。

 つまり、三門がプレスに行けば福岡の他の選手も連動し、三門が行かなければ他の選手も行きませんでした(たぶん)。いわゆる「守備のスイッチを入れる」役目ですね。ボランチをFWに置いてきたと聞くと奇策のようですが、キャプテンである三門はスイッチ役として適任だったのでしょう(私が詳しく知らないだけで、元は前線の選手なのかもしれません)。

 

 先の記事からの繰り返しになりますが、どんな相手だって勝とうとして必死に手を尽くしてきます。舐めていい相手はいません。今年は群馬くらいかな?

 

攻撃で良かった点

 岐阜の攻撃で(得点シーン以外に)印象に残ったところを挙げておきます。

 まず1つ目は前半28分のチャンスです。古橋が左サイドのスペースでロングパスを受けた後、中に向かってドリブル。この動きで駒野の注意を中央に引きつけたため、再び左サイドのスペースが空きます。そこに福村が入り、古橋→庄司→福村と繋いで福村がクロス。風間が頭で合わせますが、惜しくもセーブされてしまいました。

 先の記事に「サイドで抜ききれないからクロスを上げられない」とか「数的優位を活かすとか言いつつ活かせてなくね?」と書きましたが、この場面では相手の守備陣を上手く動かして大外でフリーになった選手を使っています。サイドの1対1で勝てなくても、このようなやり方が上手く行けばいい形でクロスを上げることができます。いい攻撃だったと思います。

 

 2つ目は、幻のゴールを生んだ42分のチャンスです。まず古橋が左サイドから速攻を狙いますが、相手の戻りが速かったため、パスでの崩しに切り替えました。風間が下がってボールを受け、大本やパウロとのパス交換で相手を動かしていきます。この時に右サイドで3対2が作れそうにも見えるのですが、崩すことができません。その後パウロ→庄司→風間と繋いで最後は風間がシュートします。

 このシュートは相手にブロックされているものの、余裕を持っていいフォームで蹴れていました(いいフォームというのは私の主観ですが)。よって、パスで敵の守備陣を崩せていたと言えなくもありません。少なくとも風間がいい体勢でシュートを撃てるだけの時間を作り出したとは言えます。

 ちなみに風間がラストパスを受ける前、謎の選手ペナルティエリア内でマークを引きつけているのですが……たぶん福村ですね。パスで崩して風間がシュートまで行けた上、さらにエリア内に古橋と福村(?)がいたことになるので、厚みのある攻撃ができていたと言えるでしょう。

 

 このシュートのこぼれ球を古橋が押し込みましたが、判定はオフサイドとなりゴールは認められませんでした。しかし、DAZNの映像を見る限りあれは完全なオンサイドです。解説の大野聖吾さんも言っていますが、風間がシュートを撃った時点で古橋は相手選手より後ろにいます。おそらく古橋はちゃんと自分の位置を確認してから飛び出しています。

 タラレバを言っても仕方ないことですが、仮にこのゴールが認められていれば後半の展開も違ったものになった可能性がありますね。

 

余談

 これは試合の内容とは関係ありませんが、古橋が「ストライカーといえば佐藤寿人と言っていたこ*1には「おっ」と思いました。動き出すタイミングを参考にしているそうです。やはり単に足が速ければスペースに飛び出せるというわけではないのですね。一流選手の動きを見て、駆け引きの仕方を学んでいるからこそなのでしょう。

 今はウィンガーとして起用されているので佐藤寿人のスタイルをそのまま真似するのは難しいかもしれませんが、あんな得点力のある選手に育ってほしいものです。

 

 この辺で終わります。余力があれば失点シーンについて書くかもしれません。

 

*1:DAZNのショートムービー(CHIT-CHAT)での発言。