BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第34節(アビスパ福岡戦)の結果と感想

 

 1-2で敗れました。クラブ史上初の5連勝はなりませんでした。

 

弱者であることを忘れてはいけない

 まず最初に言っておきたいのは、大木サッカーが「弱者の戦術」であるのを忘れてはいけない、ということです。

 大木監督はポゼッションサッカーを志向していますが、別に「華麗なサッカー」とか「美しいサッカー」を追求しているわけではないと思います(お客さんに喜んでほしいという気持ちは誰よりも強い人だけど)。

 この独特のスタイルは、ボディコンタクトで劣る者がどうやって勝つか、高さで劣る者がどうやって勝つか、強力なストライカーを持たないチームがどうやって勝つか etc……要するに「日本が世界にどうやって勝つか」という発想から生まれたものです。別に私が大木監督に直接聞いたわけでもありませんが、過去の発言を見てみればまず明らかなことだと思います。

 そしてFC岐阜というクラブは弱者です。過去に強かった時期などありません。それは私のように観戦歴が浅い者よりも、古参サポーターの方々こそよく分かっておられるでしょう。

 ですから弱者であるFC岐阜が大木監督を招いたこと自体は理に適っています。今季の大木監督は本当によくやってくださっていると思います。しかし、自分たちが弱いチームであって、「弱者の戦術」で戦っているということを忘れてはいけません。

 いや、もちろん監督自身はそんな大事なことを忘れはしないでしょうが、選手たちはどうでしょうか。ときどき慢心していないでしょうか。この福岡戦に限らず、私の目にはそう見えることがあります。相手はこちらをリスペクトして、知恵を絞って守ってきているのに、こちらはまるで自分たちが格上であるかのように綺麗に崩そうとしている。今年の岐阜が負ける試合はだいたいこのパターンだと思います。

 

 はっきり言って、今節の前にはサポーターも浮かれていたと思います。私にはそうとしか思えません(もちろん私も浮かれてはいましたが)。福岡はJ2屈指の強豪なのに、戦う前から勝った気になっていなかったでしょうか。すでに5連勝した気になっていなかったでしょうか。次節の名古屋戦のことばかり考えていなかったでしょうか。自分の胸に聞いてみてください。

 

個々の力で負けている

 試合開始からしばらくして真っ先に思ったのは、個々の力で負けているなということです。

 個々の力というと、相手に凄いストライカーがいて1人で点を取られてしまう場面などを想像しがちですが、私が言っているのはそういうことではありません(セットプレーで失点したのは個々の力によるものと言うこともできますが)。

 私が言いたいのはこちらが攻撃する場面のことです。SBやWGが抜き切れないから良いクロスを上げられない、ミドルを撃とうとしてもブロックされる、そのこぼれ球をシュートしようとしてもまたブロックされる……etc、いわゆる「最後のところ」でことごとく負けていたと思います。

 1点を返すことはできましたが、試合終了までこの印象はずっと変わりませんでした。やはり福岡の選手は1人1人のレベルが高いな、という思いだけが残りました。

 

 しかし、ここで安易に「個々の力で負けているからしょうがない」という結論を導きたくはありません。それでは結局、「個で劣る者たちがどうしたらいいか」という大木サッカーを否定していることになってしまうからです。

 ですので、大木監督にはどうにかして「個々の力で劣る者が数的優位になって勝つ」チームを作っていただきたいなと思います。後にも述べるように、今の岐阜の攻撃はあまり数的優位を活かしているように見えないのですが……。

 

もう少し型にはめてみては

 この試合に限らず、以前からずっと思っていたことなのですが、岐阜の選手は悪い意味で「考えながら」プレーしている気がします。おそらく大木監督はあまりパターン反復型の練習をさせず、選手のアイデアを活かそうとしているのでしょう(私は練習見学に行ったことがないので推測ですが)。

 しかしペナルティエリア付近まで来たら、考えていては間に合わないこともあります。エリア内までボールを運んでもなかなかシュートが撃てないのは、崩すことにこだわっているからというのもありますが、「その場で考えている」からではないでしょうか。もう少しパターン化した選択肢を持ってもいいんじゃないかな、と思います。

 パターンと言っても別に難しいものでなくてもいいんです(私もあんまり複雑なプレーは分かりませんし、知りません)。私がイメージしているのはワンツーで相手を1人かわすとか、フリックで3人目に渡すとか、そういうプレーです。

 そういう基本的な連携でも、パターンとして練習しておけば選択肢の一つになるはずです。ペナルティエリア付近では相手のプレッシャーが激しくなり、判断に要する時間も短くなるため、あらかじめ選択肢を用意しておくことが大事なのだと思います。

 

 逆に言うと、今の岐阜はそういった基本的な連携もできていないのではないでしょうか*1。数的優位を活かして攻めるとは言いつつ、余った選手を上手く使えているようには見えません。局所的に2対1や3対2を作れた時に、フリーの味方を使う。そういうプレーをもうちょっと機械的やってみたらどうでしょう。

 

 山口の前監督だった上野展裕さんもポゼッションサッカーで有名でしたが、あの人はドリル形式の練習を重視していたそうです。だから「ドリル形式の練習はポゼッションサッカーになじまない」ということはないし、もっと言うと「パターンを仕込んだから選手のアイデアが死ぬ」ということもないと思います。パターン化された攻撃手段をあらかじめ選択肢として持つことと、選手が試合の中でアイデアを活かしてプレーすることは、両立するのではないでしょうか。まあ私のような素人が言っても抽象論の域を出ませんが……。

 

つづく?

 映像を見直す前に、色々と思うところを吐き出しました。もしかしたら映像を見直した後に新たな記事を書くかもしれません。

*1:念のために繰り返しておくと、相手のプレッシャーが激しくなるペナルティエリア付近での話です。そこまでボールを運んでくる段階では、ボール保持者へのサポート等きちんとできていると思います。