BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第33節(レノファ山口戦)の結果と感想

 

 1-0で勝利することができました。苦戦したなという印象を受けましたが、勝ち点1を3に変えられたのは非常に大きいと思います。

 

様変わりした山口

 山口は監督が上野展裕氏からカルロス・マジョール氏に交代しています。そのおかげでチームのスタイルもだいぶ変わりました。積極的なプレッシングと、ロングボールを使った縦に速い攻撃を志向しているようです。近いのは町田、水戸、岡山などでしょうか。

 前節は湘南に3-5にというスコアで敗れましたが、前線の3人による速攻はそれなりに通用していました。

 

 山口のこの日の基本フォーメーションは3-4-1-2。しかし、そのような表記にあまり意味はないかもしれません。プレスをかける時には2ボランチやWBが高い位置まで来るので、前線に4〜5人いる形になっています。また、自陣に引く時には2トップを残して5バック(5-3)のような形になります。全体としてWBやボランチ、特にボランチに運動量が求められる戦い方だと思います。

 

うちの守りがこんなに硬いわけがない

 山口は試合開始から積極的にプレスをかけていきます。その方針は間違っていないと思うのですが、なかなか高い位置でボールは奪うことはできませんでした。

 低い位置でボールを持つことはできても、今度は逆に岐阜の前線からプレスをかけられます。特に風間、古橋、シシーニョの運動量は際立っていました。このせいで山口は落ち着いて攻撃を組み立てることができませんでした。

 そして岸田やラモスへ送ったロングボールは、田森と阿部にほぼすべてカットされてしまいます。あるいはオフサイドを取られてしまいます。この日は岐阜の両CBが非常に冴えていました。いや〜、最終ラインをこんなに安心して見ていられる日があるんですね(ぉぃ)。

 正直、山口の2トップが岐阜のCBに抑えられていた時点で勝負ありだったと思います。(山口から見て)地上戦でボールを支配された上にFWが空中戦や裏抜けでも負けていたら、ちょっとどうしようもありません。

 

 唯一危険だったのは33〜34分辺りです。阿部がプレスで左サイドに追い込まれた後、庄司・シシーニョ・福村がサポートに行きましたが、ペナルティエリア付近で庄司がボールを奪われてしまいました。

 この場面では山口のプレスが上手くハマっています。最後は庄司が三幸をファウルで止めてイエローカードをもらいましたが、そうしなければ決定的なピンチになっていたでしょう。

 山口が阿部をプレスの標的にしていたのは容易に想像できることです。岐阜の最終ライン〜中盤で相対的に足元が一番下手なのは誰かと考えたら、自然な作戦だと思います*1

 

10人でも守りに専念されると……

 ラモスが退場すると、山口は方針転換を迫られます。WBの位置が下がり、ほぼ常時5バックになって守りを固めてきました。

 すると岐阜の攻撃も停滞してしまいました。ボールを動かしてもなかなか相手の守りがズレないからですね。プレスに来ないので縦に間延びしてくれないし、最終ラインに5人もいると横にズラすのも難しくなります。

 

 一般的に、完全に引いた相手を崩しきることは難しいと言われています。解決策はブロックの外からミドルシュートを撃つことか、ドリブルでブロックの中に侵入することくらいしかありません。

 この試合では前者の選択が多かったわけですが、パウロ、古橋、永島辺りがもうちょっと個人技で仕掛けていってもよかったかな、という気がします。

 ただし岐阜のミドルシュートは枠内に飛んでいたので、言うほど悪い攻撃ではなかったのかもしれません。リアルタイムで観ている時にはどうしても「早く点取れよ」というもどかしさがあるので、あまりいい攻撃には見えなかったのですが……(笑)。特に小野のシュートは良かったですね。前節から覚醒している感じです。

 

 あとは、もうちょっとクロスを上げてもよかったかな、とも思います。相手が5バックになったということは、こちらのWGやSBは高い位置を取れるようになっているはずです。サイドの高い位置までボールを運んだら、シンプルにクロスを選択してもよかったかな、と。

 もちろん簡単には通らず、跳ね返されることも多いでしょうが、山口の選手が前に残っていなければセカンドボールも拾いやすいはずです。

 逆サイドのWGはいつもなら大外に張っていますが、どうせ相手の5バックが横にズレないならば状況に応じてクロスに合わせに来てもよかったでしょう。

 大木監督は第4節の後に「あまりクロスの練習をしていない」と言っていましたし、練習していないことをやるのは無理なのかもしれませんが……。

 

あれは運じゃなかった

 最後に難波の決勝点に触れておきますと、あれは滅多に見られないゴールだと思います。

 バックヘッドでのゴールはたまに目にしますが、ダイビングしながらのバックヘッドはあまり記憶にありません。しかもボールに回転がかかっていて、キーパーを巻くような軌道になっています。頭でそんなコントロールができる難波には脱帽ですね(小野が蹴ったボールに、既にかなり回転がかかっていたのでしょうが)。

 アウェイ町田戦の感想に「難波のシュートが入ったのは運もあると思う」と書きましたが、訂正しなければなりません。運ではなく技術によるものです。

 難波はきっと「こう触ればキーパーの頭上を越える」と分かっていたのでしょう。頭でのループシュートとでも言うべきでしょうか。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
 

 

 

 

*1:しかし阿部は空中戦やボディコンタクトの強さでチームを助けています。