BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第32節(水戸ホーリーホック戦)の結果と感想

 結果は皆さんもご存知でしょうが、2-1での勝利です。両チームの特徴がよく出ており、見応えのある試合でした。

 重要なのは、水戸のようによく走るチームにプレスのかけ合いで負けなかったことだと思います。前半には水戸のプレスに押された時間帯もあるので「プレッシングで完全に上回った」とは言えません。しかし「負けなかった」とは言えます。


問答形式

 最近『八宗綱要』という本を読み始めてハマっているので、以下その体裁を真似て書いていきます(ぉぃ)。
 きっぱりとした断定調ですが、内容はすべて「BUHIXによる解釈」に過ぎません。いちいち「〜と思う」「間違っているかもしれないが」なんて付けていたら雰囲気が出ないので(ぉぃ)、省きました。


チームの進歩

 問う。後半に水戸が押し込まれたのはなぜか。
 答う。岐阜のパススピードが速かったからである。ボールが速く動いていたから、相手は次第について来られなくなった。また、ボールが速く動いていたからこそ相手選手の間にパスを通すことができ、なかなかインターセプトもされなかったのである。


 問う。岐阜のパススピードは以前より速くなっているのか。
 答う。速くなっている。少なくともこの試合の後半はいつもより速かった。また、パスを出した選手が足を止めていなかった。すぐに次の受け手となるため走り出していた。

印象に残った選手

 問う。風間の決勝点のアシストはどうだったか。
 答う。風間が一旦後ろにボールを下げるふりをしたので、相手DFはラインを上げかけた*1。そこで青木から目を離してしまったのだろう。風間の好プレーだった。


 問う。永島はウィングをやっていたのか。
 答う。パウロとの交替で入り、そのまま右WGをやっていた。GKからのロングボールをヘディングで競るなど、以前には見られないプレーがあった。
 小野と難波が交替してからは、難波がCFに、風間が右WGに、永島がインサイドハーフに入ったようだ。


 問う。青木の出来はどうだったか。
 答う。終盤は前田大然への縦パスを読んでいた。また、決勝点以外に「流れの中で」惜しいシュートを放っていた。
 相手が自陣から出てくる気配がないならば、このようにCBがペナルティエリアに入っていくことも選択肢の一つである。非常にいいアイデアだった(最初にやったのは田森だけど)。


 問う。磐瀬の出来はどうだったか。
 答う。入って早々に佐藤和弘へのラストパスを通されてしまった。これにより佐藤に決定的なシュートを撃たれた(ビクトルがセーブ)。また、味方と交錯して転んでしまい、その隙にクロスを上げられるシーンもあった(なんと難波が戻ってきてクリア)。ボールを持った時には落ち着いていた。
 全体的にやや不安が残るプレーぶりだったが、これからも出番はあるのではないか。


 問う。これからも出番があると思う理由は。
 答う。大木サッカーでは、CBがサイドに出て行かなければならない場面がよくある。攻撃時のビルドアップでも、カウンターを受けている時でもそうだ。だから磐瀬のように守備範囲の広いタイプが実は適任である。


ひと夏こえて

 問う。夏場に大木サッカーをするのは難しかったのではないか。
 答う。運動量が必要なサッカーをしているせいで、夏場に失速したのかもしれない。しかし、苦しい時期にも戦い方を変えなかったという経験が、涼しくなる今後に生きてくるだろう。



 問う。岐阜の夏は暑いから失速したのではないか。
 答う。8月以降に対戦したチームと、2017年8月のホームタウンの気温を比較してみた。

平均最高気温 平均最低気温 平均湿度
岐阜市 32.9℃ 24.6℃ 72%
長崎市 32.6℃ 25.7℃ 79%
岡山市 33.7℃ 24.9℃ 71%
熊本市 33.5℃ 25.5℃ 73%
高松市 33.9℃ 26.1℃ 67%
千葉市 30.5℃ 24.0℃ 80%
松山市 33.2℃ 25.4℃ 70%
水戸市 28.6℃ 22.0℃ 84%

 
気象庁のホームページより)

 よって、岐阜市が特別に暑いとは言えない。
 ただし「岐阜から千葉や水戸に行ったら涼しかったのでよく走れた」と考えられなくもない*2。あるいは「讃岐にとって岐阜は涼しかった」と考えられなくもない。



 問う。『八宗綱要』とはどのような本か。
 答う。凝然という鎌倉時代の偉いお坊さんが書いた仏教入門書である。凝然と(前田)大然には何の関係もないし、大然はお坊さんではない(当たり前だ)。
 タイトルから分かる通り、当時の主要な8つの宗派が解説されている。これは現代の我々にとっても格好の入門書となる(漢文なので訳がついてないと難しいが)。皆さんも是非読んでみよう。

八宗綱要 (講談社学術文庫)

八宗綱要 (講談社学術文庫)


*1:難波の動きに釣られた者もいて、ラインが揃わなかった。

*2:特に今年の関東は冷夏だったようだ。