BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第18節(愛媛FC戦)プレビュー

 ちょっと気分を変えて次節のプレビューを先に書くことにします。やはり過去より未来を見ることが大事ですからね。
 ……決して山形戦の感想を書くのが面倒なわけではありません。本当です(笑)。


シシーニョの代わりは?

 次節はシシーニョが警告累積で出られません。代わりに誰が出場するのか気になるところです。普通に考えれば小野ですが、何かサプライズがあるかもしれません。例えば風間がインサイドハーフで出るかもしれないし。
 そもそもシシーニョは上手すぎて*1「似たようなタイプの選手」というのがいませんからね。庄司を1列前に出して誰かをアンカーに入れてみてもいいんでしょうが……それも守備が脆くなりそうだな(笑)。

DFの組み合わせはどうなるのか

 阿部は山形戦で退場になってしまったので、次節には出場できません。もしかしてレギュラーになるのかな?と思われた矢先だけに、残念ですね。普通に考えればCBはヘニキと田森になるはずですが、ここもちょっとサプライズがあるかもしれません。青木が久しぶりにスタメンの座を掴むとか、野澤をCBで使うとか……でもせっかく外国人枠が空くんだからヘニキかな。

次の初ゴールは誰か

 このところ毎節のように初ゴールを挙げる選手が出ています。「どこからでも点を取れるチーム」という大木監督の理想が形になりつつあるようで、嬉しいですね。第18節では誰が初ゴールを決めてくれるのかな、と期待してしまいます。
 ベンチ入り選手は高木、青木、風間、パウロ、山田、クリスチャン、瀧谷でしょうか(うち何人かは先発の可能性もありますが)。高木を除けば、まだ点を取っていないのは風間と瀧谷ですね。
 2人ともここまでFWとして順調なシーズンを送っているとは言えません。チームメイトが1人、また1人と得点を記録する度に悔しい思いで見ていたのかもしれません。でも、きっと「次は俺だぞ」と思っているはずです。私もそう思っています。次は君たちの番だぞ、と。


愛媛の注目選手

 名古屋戦、千葉戦、岡山戦などをザッピングした限りでは、左サイドの浦田-白井のラインが攻撃の軸になっているようです。それに岐阜の右サイドがどう対応するかが鍵でしょうか。頑張れ野澤。
 あと、近藤は裏に抜けるスピードがあるので怖いですね。頑張れ田森とヘニキ。
 守備面で軸になるのは林堂のようです。地上でも空中でもボディコンタクトの強さを感じます。セットプレーでの得点源としても注意が必要だと思います。


今シーズンの結果から

 というわけでいつもの表です。

岐阜 愛媛
山口 2△2 2◯1
名古屋 1△1 1⚫︎2
松本 0⚫︎1 0△0
横浜FC 1⚫︎2 0⚫︎4
町田 1◯0 2◯1
水戸 2◯1 0⚫︎1
湘南 3△3 0⚫︎1
讃岐 3◯1 2△2
金沢 1◯0 1◯0
群馬 2◯0 3◯0
大分 1⚫︎2 1△1
熊本 1⚫︎2 1◯0
長崎 4△4 1◯0
京都 1△1 2⚫︎3
山形 1△1 2◯0

 ほぼ互角ではありますが、愛媛は引き分けが少なく勝ちも負けも多いですね。また、愛媛の方にクリーンシートが多い点も目につきます。両チームの勝ち点に差を生んでいるのはそういうところでしょう。

 ちなみに愛媛はここまで6敗していますが、相手は湘南、水戸、京都、横浜FC、名古屋、千葉です。そのうち京都(2-3)、横浜FC(0-4)、名古屋(1-2)、千葉(2-4)には複数得点されています。得点力がある相手にはきっちり点を取られてしまい、ドン引きで守り切ることは得意でないという印象を受けます。

 だったら、岐阜にも殴り合って勝つ目があるのではないでしょうか。京都や名古屋や横浜FCや千葉にできたことが、岐阜にできないということがあるでしょうか。
 昨年までなら、そうでした。たぶん私も「みんなJ1にいたことあるクラブだね。うちが同じことできるわけないね。ていうか名古屋がJ2にいるわけないよね」と笑ったでしょう。

 しかし、今年は違います。横浜FCや千葉に点が取れて、うちが取れないということがあるものか。総得点は同じくらいなのだから」——そう言ってもバチは当たらないはずです。守り切れるかどうかは分からないけどね。

【関連記事】

*1:例えば「足元でボールをキープしつつターンして味方を見つける」というプレーを当たり前のようにやっているけど、凄いことだと思います。他の選手もそれができたら苦労しないでしょう。