BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第17節(モンテディオ山形戦)プレビュー

 今日(3日、土曜)はホームでモンテディオ山形さんと対戦します。山形の現在の順位は8位で、大分・徳島・長崎と同じくらい手強い相手だと思います。



 時間がないので簡潔に行きます。

湘南戦の印象と注目選手等

 前節の湘南×山形を観てみました。両チームとも「ボールを持ったら素早く縦に、相手ボールになったらすぐプレス」という印象で、かなり展開の速い試合となりました。山本昌邦風に言うならインテンシティの高い試合です。
 湘南の速さ・激しさは「湘南スタイル」として有名ですが、山形はそれを正面から受け止め、むしろ反対に押し返していました。走れる選手を多く抱えており、しかもチームの完成度が高いという印象です。結果的にはアディショナルタイムに山形が決勝点を挙げて1-0で勝つのですが、もっと早く点が入っていてもおかしくなかったでしょう。
 目立った選手を1人挙げるとFW(シャドー)の汰木です。ドリブルが得意で、攻撃に変化をつけることができます。読みは「ゆるき」。読めませんね(笑)。

今シーズンの結果から

 というわけでいつもの表です。第17節ともなると、この表もだいぶ長くなってきましたね。

岐阜 山形
山口 2△2 3◯2
名古屋 1△1 0△0
松本 0⚫︎1 1◯0
東京V 0⚫︎1 1◯0
水戸 2◯1 0△0
湘南 3△3 1◯0
讃岐 3◯1 0△0
金沢 1◯0 1△1
大分 1⚫︎2 3◯2
熊本 1⚫︎2 1△1
長崎 4△4 0⚫︎2
京都 1△1 2◯1

 こんな感じです。東京Vとか松本に勝ってるのかーうわー怖えー…と思ったんですが、どうも山形さんはロースコアゲームばかりなんですよね。岐阜が負けた相手に勝っている反面、岐阜が勝った相手に引き分けたりしてますし。「点が入らない展開に耐えて最終的に勝つ」ということは得意でも、「点を取りに行って勝ち切る」ことは苦手なのではないでしょうか。ですので、先に1点取れば引き分け以上にはできるんじゃないですかね(フラグ)。

 参考に両チームの得点と失点を比較しておきます。戦い方の違いがよく分かると思います。

岐阜 山形
得点 24 15
失点 22 14


その他

  • 野澤がSBでレギュラーになるとすると、ベンチ入りメンバーにも色々と変化があるかもしれませんね。ずっと小野・野澤で固定だったMFの控えが1つ空きますし。風間やパウロインサイドハーフをやることもあるのでしょうか。
  • 仮にヘニキを外してクリスチャンを使うなら京都戦よりここですよねたぶん。山形には京都ほど強力なFWがいませんから。まあ「仮にどうしても使おうとするなら」の話ですが。


【関連記事】