BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

J2第16節(京都サンガ戦)の結果と感想

 1-1で引き分けでした。

 私は「負けなくて良かったな」と捉えています。展開は劣勢と言うほどではありませんでしたが、プラン通りのサッカーができていたのは京都の方でしょう。ですから、「負けも有り得た試合を引き分けにできたのだ」と思っています。

 

両監督が手を打ってきた

 素人であるBUHIXの予想なんて当てにならないもので、スタメン発表の時点でサプライズがありました。

 まず、京都は闘莉王がスタメンから外れています。代わってイ・ヨンジェが2トップの一角に入りました。また、右SHが田村から内田に変わっています。

 

 指揮を執る田中マルクス闘莉王監督と、指示を伝える布部コーチ(違う)↓

f:id:buhix:20170529200302p:plain

DAZNの中継より。

 

 なんか、BUHIXが名前を挙げた人はいつもベンチになりますね。讃岐の馬場、熊本のグスタボ、長崎のファンマ、京都の闘莉王……。皆さん早く山形の注目選手を教えてください(笑)

 

 そして岐阜は野澤を右SBで起用してきました。私にはまったく予想できなかったことです。と言うか、予想外すぎて最初はスタメン表を見ても気づきませんでした(ぉぃ)。「インサイドハーフは小野か。やっぱりね」「流石にクリスチャンよりはヘニキだったか〜」で思考停止しており、他にどこが変わっているのか見ようともしませんでした。気づいた時には昼食を噴き出しそうになりました。

 私は今まで「SBが同時に上がった後のカバーができていない」とか「大外のレーンでSBとウィングが重なってしまう。特に右サイドで」とか偉そうに書いてきましたが、野澤の右SB起用はその問題点を同時に解決する一手かもしれませんね。

 ちなみに闘莉王さんの御父上もベンチスタートです。

 

岐阜の印象

自陣での攻撃

 相手が2トップということもあり、ビルドアップの際は庄司がCBの間に入ります(小野やシシーニョもその近くまで下りてきていました)。両SBは斜め前に出ます。いつもの形です。違うのは、右SBに野澤がいることです。

 

 野澤はスタートポジションこそ右SBでしたが、頻繁に中央に入ってボランチのような位置でプレーしていました。いわゆる偽ボランチです。このことにどれほどの効果があったかは分かりませんが(小野やシシーニョと位置が被っているようにも見えました)、シシーニョや福村がより高い位置をとりやすいようになったとは思います。

 ビルドアップ時の野澤を見ていて感じたのは「けっこうドリブルで運ぼうとしているな」ということです。ただパスを回すだけだと読まれますし、最終ラインでパスがカットされるとピンチになってしまいます。ですので、たまに変化をつけてドリブルで運ぼうという姿勢はいいと思います。

 今まで運ぶドリブルをしていた選手と言えばヘニキですが、彼は左側のCBなので、運ぶ方向は主にピッチの左半分でした。野澤がピッチの右半分へ運べるようになると大きいですね。

 

敵陣での攻撃

 京都が中央へのパスコースを優先的に消してきたため、なかなかショートパスでは崩せませんでした。従ってウィングへのロングパスが多かった印象です。しかしそれが悪いというわけではなく、むしろ有効だったと思います。ロングパスから2点くらい入って勝っていてもおかしくありませんでした。 

 特に、庄司から古橋に通したパスに凄いのがありましたね。大木監督もテクニカルエリアからベンチを振り返って「凄いね」と言っていたそうです(笑)。ツンデレだなぁ…

 

 右のウィングには大本が入っていました。試合開始直後の動きは凄かったですね。キレキレとしか言いようがありません。しかし、そこからが尻すぼみという感じでした。

 特に残念だったのは、左サイドに移っていた時、左足で上げたクロスが大きくピッチ外に逸れていった場面です。無理に逆足でクロスを上げるのではなく、カットインから利き足でシュートを狙いに行っても良かったのではないでしょうか。FWなんだからそういうプレーをしても罰は当たりません(まあ、普段の練習でやっていることや監督の指示等は私には分かりませんが)。

 ただ、右サイドに置かれた時のために利き足でのクロスを磨く必要もあると思います。大本の右からのクロスを見ていて思うのは、「優しいクロスとかピンポイントのクロスにこだわりすぎなのかも」ということです。もっとシュートみたいに速く低いボールを入れてみてもいいのではないでしょうか*1。「難波さんにぶつけて鼻血出させよう」くらいの勢いで(ぉぃ)。

 なお、大本はこの試合でプロ初アシストを記録しています。古橋は初アシストの次の試合で初ゴールを決めているので、次節は大本の番かもしれません!

 

 古橋は73分の決定機を決められませんでしたが、それを言うのは酷かなという気がします。この試合ではかなり低い位置まで守備に戻っていましたし、運動量でだいぶチームを助けてくれていました。暑い中で攻守によく走ったと思います。

 途中で左から右に移った時間帯があったのは、京都の左SB本多の上がった裏を突くためでしょう。

 

 野澤についても触れておきます。大本との一番の違いはあまりオーバーラップをしないことです。上がってもアタッキングサードにちょっと入る辺りまでで、敵陣奥深くまで行くことはありません。

 野澤がミドルサードくらいにいてボランチ〜SHのようにプレーしていれば、大外の高い位置でウィングとSBがダブつくことはなくなります。また、野澤がそこにいることがそのままカウンターへの備えにもなります。上にも書きましたが、野澤の起用は「ウィングとSBの連携」「被カウンター時の弱さ」という2つの問題点を同時に解決してくれるかもしれません。

 彼が右SBに定着すると右ウィングが大本とパウロの競争になって、山田は割りを食いそうです。つい2〜3節前にはまさか野澤が玉突きで山田を押し出すなんて予想もできなかったのですが、プロの世界は厳しいですね。

 しかし、勝利には1人の力も欠かせません。これは綺麗事ではなく、岐阜のように必ずしも選手層に恵まれているとは言えないチームにとって「現実」だと思います。また必ず山田の力が必要になる時が来るでしょう。

 

 それから、この試合では瀧谷が久しぶりに出場しました。以前ちょっと出場した時よりはよほど持ち味を出せていたと思います。特に下畠を引きずってイエローカードを出させた場面などは素晴らしかったです。相手が「どうせ岐阜はパス回すだけだから」と思っているところにああいう選手が入ると、かなり嫌でしょう。

 その後に自分がもらったFKを頭で合わせてゴールしたりすると漫画のようだったんですが、なかなかそう上手くは行きませんね(笑)

 

敵陣での守備

 あまり印象に残っていません。上手く行っていなかったということでしょうか。監督が「ボールを失うな」と怒っていたのも、奪い返しができていなかったせいかもしれませんね。

 

自陣での守備

 守備のフォーメーションは4-3-3ということになっていますが、位置取りはそこまでガッチリ決めているわけではないようです。ゾーンよりもマンツー寄りだということでしょうか。失点した場面ではまず田森がボールホルダーの吉野に寄せに行ってかわされ、小屋松にパスを出されます。続いてヘニキが小屋松に対応するために右サイドに出なければならず、ゴール前が手薄になってしまった感じです。

 失点してしまったことは残念ですが、試合全体を見ればよく集中して守っていたと思います。特に、セットプレーからの空中戦で失点しなかったことは収穫と言っていいでしょう。

 京都はこの試合で9本のCKを蹴りました。ロングスローは何本あったか数えようとして途中でやめたのですが(笑)、確か最初の15分で3本あったはずです。試合全体で10〜15本はあったのではないでしょうか。それだけの機会を与えてもセットプレーからの失点をゼロに抑えたのだから、私は「よく粘ったな」という印象を受けています。

 

京都の印象

自陣での攻撃

  ほぼありませんでした。東京V戦と同じですね。ビルドアップするというよりは奪ってから縦に速く出していた感じです。

 よく考えたら、そもそも一番ビルドアップできるDF(闘莉王)がいなくなってるんですよね。

 

敵陣での攻撃

 オリスにボールを預けつつ、イ・ヨンジェや小屋松がその周りを動きます。奇を衒わないオーソドックスな攻撃だと思います。

 東京V×京都の記事にも書きましたが、やはり左SBの本多は高い位置を取ってきます。左SHの小屋松がオリスの近くでプレーし、空いたサイドのスペースに本多が上がるというのが約束事のようです。

 プレースキッカーは石櫃。彼はロングスローも投げてきます。これも先の記事に書いた通りですね。

 

敵陣での守備

 イ・ヨンジェが出ている間は前線からプレスに来ていました。どうも、ヘニキの所でボールを奪おうと決めていたようです。岐阜の選手がヘニキをサポートできない場面があったのは気になります。それが失点に直結することはなかったのですが。

 

自陣での守備 

ブロックは4-4。特に、選手間の横の距離が短くなっていました。中へのパスコースを優先的に消していたようです。分かりやすい場面のキャプチャを置いておきます。

f:id:buhix:20170529200244p:plain

DAZNの中継より。

 

 とにかく絶対に間を通されないようにしよう、サイドから攻められても最終的にクロスを跳ね返せばいい、という方針だったのでしょう。高さでは京都に分があるので、理に適った選択です。でもキーパーが相手と接触してポロリしちゃった。

 ボール支配率では岐阜が上回っていたのですが、まったくそんな印象は受けませんでした。ずっと「押されている」「今日はパス失敗してるな」と思いながら観ていました。やはり、なかなか危険な場所にパスを通せなかったからでしょう。熊本戦に似た感じです。熊本もよく岐阜対策をしてきた感じでしたが、京都さんはそれ以上だったかもしれません。

 試合後のコメントを見ても布部監督は色々なことを考えて試合に臨んでいるように思えるのですが(特に、第8節から守備のやり方を変えてきたという話など)、どうもサポーターからの評判は良くないようです。期待されているクラブは大変ですね(笑)。

 

*1:長崎戦は速いクロスを試している感じでした。