BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

東京ヴェルディ×京都サンガ

 これは第15節の試合です。岐阜の16節の相手が京都なので、観てみました。

 

4つに分けてみよう

 今回から、「敵陣での攻撃」「〃守備」「自陣での攻撃」「〃守備」という枠組みでチームをチェックしてみようと思います。「サッカーにはいくつもの局面がある」なんてことは分かっているつもりでいましたが、先日に読んだ『フットボリスタ』誌の影響で、それがより明確になった感じです。

 

 「敵陣での攻撃」「自陣での守備」に説明は要らないと思いますが、「敵陣での守備」「自陣での攻撃」について少し説明をしておきます。

 「敵陣での守備」とは、敵陣にボールがあるうちから奪いに行くこと、要するに前プレスとかハイプレスというものの総称になります。最近はヨーロッパを中心にこれがトレンドになっているようです。というか、そうやって相手の「自陣での攻撃」を邪魔しなければやられてしまうのでしょう。

 「自陣での攻撃」とは、前線にボールを送り届けるための準備段階として自陣でボールを保持する、いわゆるビルドアップのことです。無駄にパスを回しているだけのように見えても、パスの出し手をフリーにしたり、受け手がフリーになる瞬間を待ったりするという目的があります。

 「敵陣での守備」「自陣での攻撃」の流行はイタチごっこのようなもので、「自陣での攻撃」を邪魔するために「敵陣での守備」が盛んになりますし、「敵陣での守備」が激しくなってくるとDFやGKまで参加させた「自陣での攻撃」が編み出されます。

以上はあくまで私なりのまとめなので、ここは違うよ、ここはこういう言い方がいい、という点がありましたら御教示ください。

 

京都の印象

 前置きが長くなりましたが、第15節の試合を観た印象を書いていきます。 

1. 自陣での攻撃

 ほぼなし(笑)*1基本的には2トップにロングボールを蹴っていきます。特に右SBの石櫃はロングフィードを得意にしているようです。

 そもそも前半はボールを持つ機会自体が少なすぎました。後半に入ってからはCB、SBとボランチの吉野でビルドアップする場面も少し見られるようになります。

 

2. 敵陣での攻撃

 2トップがヘディングで落としたボールを拾うか、2トップが競ってファウルをもらってFK、というのが基本パターンです。ただ、セカンドボールはそんなに拾えていなかったと思います。

 FKを蹴るのは主に石櫃です。彼はクロスも上手いし、ロングスローも投げます。

 同点に追いつく本多のゴールもFKから生まれました。本多は上手くマークを外して、敵の視界の外からヘディングに行っています。ツインタワー以外にも頭で合わせるのが得意な選手がいる、ということですね。

 本多は左SBということになっていますが、前半のスタッツによればかなり高い位置を取っていたようです。どちらかというと右の石櫃が後ろから配球する役で、左の本多はどんどんオーバーラップするという感じでしょうか。

 

3. 敵陣での守備

 あまり積極的にプレスに行くことはありません。暑さや過密日程のせいもあったのでしょう。そもそも京都の2トップは走り回るタイプではありませんし。ただ、闘莉王は思ったよりもかなり運動量がありました(思ったよりは、ですが)。

 後半になると前からプレスに行く場面が増えてきます。前半は体力を温存する作戦だったのかとも思えますが、選手や監督のコメントを聞くとどうも「気合い」のようです。

 

4. 自陣での守備

 フォーメーションは4-4-2。クロスやCKはほぼ跳ね返していました。また東京Vは何度か裏のスペースを狙ってきますが、決定機を作らせません。ラインのコントロールもしっかりしていたということでしょうか。

 しかし先制点を許した場面では下畠がクロスの目測を誤り、背後にいるドウグラスヴィエイラに通してしまっています(ドウグラスの手に当たっているので、実はハンドなのですが)。

 

東京Vの印象

1. 自陣での攻撃

 3バックでビルドアップを行います。時には左CBの平が大きく外に開き、代わりにボランチの渡辺皓太が下りてきて3バックの形を作ることもありました。先制の場面でクロスを上げたのも、サイドに開いた平です。

 特に前半は京都があまりプレスをかけてこなかったため、かなり自由にビルドアップすることができました。

 

2. 敵陣での攻撃

 「ハーフスペースを上手く使うなぁ」という印象を受けました。ハーフスペースとは、ピッチを縦に5分割した時の、外から2番目のスペース(レーン)のことです。フリーハンドのメチャクチャ適当な図を置いておきます(笑)。

 f:id:buhix:20170526211631p:plain

  ハーフスペースを使って攻めることがなぜ重要かと言えば、2つの理由があります。1つは大外のレーンよりも直接ゴールを狙いやすく、かつ中央のレーンよりも敵のプレッシャーが激しくない場所だからです。

 逆から言うならば、中央のレーンは直接ゴールを狙いやすいけれど敵のプレッシャーが最も激しく、大外のレーンは敵のプレッシャーが最も弱いけれど直接ゴールを狙いにくい(クロスなど一工夫が必要)ということですね。

 2つ目の理由は、相手が4バックで守っている場合、ハーフスペースの辺りにCBとSBの隙間ができるからです。この試合ではちょうど京都が4バックで守り、東京Vが1トップ2シャドー+両WBで5つのレーンを埋めるような形になりました。

f:id:buhix:20170526211916p:plain

(アプリの仕様でポジション名が見慣れないものになっていますが、DCがCB、DRが右DF(SB)、DLが左DF(SB)、AMが攻撃的MF(2シャドー)、MRが右MF(WB)、MLが左MF(WB)のことだと思います。……たぶん)

 東京Vは1トップのドウグラスヴィエイラが中央で、両WBが大外で敵を引きつけ、2シャドーやボランチがハーフスペースを突いていました。チャンスにはCBの誰かがハーフスペースまで上がってくることもありました。また、WBがハーフスペースに入り、CBが大外に開いてくるような形もありました。

 

 そもそもハーフスペースというものに注目して試合を観始めたのが最近なので、東京Vが他のチームに比べて上手くハーフスペースを活用しているのかどうかは分かりません。ただ、岐阜よりは上手いと思います(笑)。岐阜は大外のレーンでウィングとSBが重なってしまうことが多いですね。特に右サイドで。

 

3. 敵陣での守備&4. 自陣での守備

 あまり注意して見ていませんでした、すいません……。ただ、CBはけっこう闘莉王に競り負けていました。別に東京Vの守りが弱いというわけではなく、闘莉王が空中戦に強すぎるだけなのでしょうが。

 

月刊フットボリスタ 2017年6月号

月刊フットボリスタ 2017年6月号

 

 

*1:しかし、素人には分からない工夫が色々あったようです(以下の記事の3つ目のパラグラフ)。

https://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00031906/