BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第15節(V・ファーレン長崎戦)の結果と感想

 4-4で引き分けでした。おそらく色々な意味で記憶に残る一戦だったと思います。後になって今年のJ2を振り返る時、人々は「ああ、あの岐阜と長崎の試合ね」と思い出すのではないでしょうか(笑)。

 

予想が外れたところ

  • ヘニキの代わりは阿部でした。また、DFの控えは青木1人だけで、甲斐は入りませんでした。いま思えば、「甲斐を入れてほしい」という単なるBUHIXの願望だったのかもしれません(ぉぃ)。やはりCBでも足元の技術が一定以上ないと厳しいんですかね。
  • クリスチャンはインサイドハーフの控えかと思っていたのですが、FWとして使うつもりだったようです。小野、野澤、クリスチャンは3人ともベンチ入りしました。
  • この日は長崎のファンマが控えからのスタートでした(それからWBのレギュラーだった古部も)。BUHIXが注目選手に挙げた人はいつもベンチになりますね。闘莉王とオリスが注目だって書いたら次節は休んでくれるかな…。

 

「おっ、今日はいいな」

 1失点目を喫するまで「おっ、今日はいいな」と思っていました。ボールがよく動いていたし、ネガティブ・トランジション(攻→守)も早いように見えたからです。

 特に、縦のパス交換が多いところは良かったと思います。おそらく前節から意図的に変えてきのではないでしょうか。

 縦のパス交換がいいといっても、別に「縦にチャレンジパスを通そうとしてたからいい」とか「バックパスが少なかったからいい」と言いたいのではありません。前に出すパスとバックパスを繰り返し、相手を縦方向に揺さぶっていた(ライン間の隙間を広げようとしていた)のが良かったと思う、ということです。

 今年の岐阜は横方向のパスで相手を揺さぶろうとする場面をしょっちゅう見ますが、縦に揺さぶろうとする場面はあまり見ません(湘南戦は多かったような気がします)。パスで相手のブロックを崩そうとするなら、どうにかして相手を縦に振ることが鍵になると思います。横のパスだけでは相手にスライドされ、なかなかブロックの中に隙ができません。

 縦に揺さぶると言えば、両ウィング、特に古橋を使って相手の裏を狙う場面も目につきました。長崎の高木監督もハーフタイムのインタビューで言っていましたね。やはり前節の反省から、あるいは長崎を研究した結果、この試合では相手を縦に動かしてやろう(相手のラインの隙間を広げてやろう)という意識が強かったのではないでしょうか。

 まあ、それで取れたのは1点だけ(2点目の古橋のゴール)なのですが…。

 

また同じように失点してるけど

 この試合ではまたしても高くなったサイドバックの裏を突かれてしまいました。3失点目と4失点目です*1。最近対戦するチームにはもうずっと同じところを狙われています。大分戦の2失点目の川西のパスとか、昨日の4失点目のファンマのパスとか、「ここが弱点だ」と確信していないとあんな勢いで出せないと思います。

 

 後半に2点取られたのを見た時は「またか、何とかしてよ」と感じました。ただ、試合が終わる頃には悟りの境地に達したというか「もうそういうコンセプトのチームなんだから仕方ないな」という考えになっていました。

 別に皮肉で言っているのではありません。サイドバックが同時に攻撃参加するなら、後ろ(特にCBの両脇)にスペースができるのはもう仕方ないことです。サッカーは11人vs11人でやるのだから、どこかで数的優位を作ればどこかで人数が足りなくなります。それは自明の理です。

 福村や大本が攻撃で素晴らしいコンビネーションを見せた時に「これが岐阜のサッカーだ!他のチームにはできないぞ!」と賞賛するのであれば、同時に生じるデメリットをも受け入れなければフェアではありません。

 どうしてもデメリットを受け入れたくないのなら、スーパーなCBを獲ってくるくらいしか手はないでしょう。監督は「簡単に点取られすぎです」と言っていましたが、少ない人数で守るにはDFの個の力が足りないのだから仕方ないと思います。

 

 でもまあそれが監督として正しい姿勢なんだろうな、という気もします。監督の仕事はチームを勝たせることなのですから。引き分けに満足していてはいけませんし、選手への要求は常に高い水準にないといけません。この試合内容で「よく追いついた。選手はよく頑張った」などと言うような人ならば、昨年ギリギリでJ2に残れたチームを短期間でここまで強化することはできなかったでしょう。

 

諦めてましたすいません

  私は監督ではなくてただのファンなので、3度の2点差を追いついたという部分については「よくやった!」と感じます。

 正直に言うと、長崎に4点目を取られた時点で完全に諦めていました。「あーあ弱いな」とか、「去年までに逆戻りするのかな」とか、果てには「勝てない試合が続くと同じような書き方の記事ばかりになってしまうな。バリエーションを増やさないといけないぞ」とか、そんなことばかり考えていました。すいません、弱いのは私でした(;_;)

 

 大本を下げてパウロを入れた時には「点を取りに行かなきゃいけないのは分かるけど、大丈夫か?」と思いました。でもよく考えたら、もともとこのチームにSBというポジションはなかったのかもしれません(笑)*2。あとは、長崎がFWの枚数を減らしてファンマ1人にしたから、こちらが後ろを1人減らしても大丈夫だったということでしょうか。

 結果論ですが、ファンマはあまり展開にマッチしていませんでした。スピードがあって裏を突ける選手、あるいは狂ったようにプレスをかけてくる選手の方が怖かったと思います。

 プレビューにも書きましたが、ファンマは必ずしも1人で点を取ってしまう選手ではありません(あるとすればミドルシュートを決めるパターンです)。孤立して何かができるわけではなく、他の選手が自陣に引きこもっているならばファンマもかなり低い位置に居ざるを得ませんでした。そうなると、さほどの脅威ではありません。まあ4点目はファンマを起点として綺麗に崩されたけど。

 

 クリスチャンについてですが、ウィングには向いてなさそうです。動いてボールを受けるというタイプではなく、スピードで縦に抜く感じでもありません(相手がかなり引いていたせいと、利き足の逆サイドに置かれていたせいもあるでしょうが)。

 長身の割にあまりヘディングやボディコンタクトに積極的でなさそうなこと、遠めからでもシュートが決められそうなこと等々を考えると、セカンドトップが一番いいのでしょうか。難波は最前線で競ったり、相手DFと駆け引きしたりできるので、クリスチャンとの相補性は高いと思います。2トップにしたい時のオプションとしてクリスチャンを投入したら活きそうです。まあ、外国人枠が空かないと難しいわけですが。

 

 

 

BUHIXさんが「この試合は何回も観たいな」って言ってたよ。

 

 

 

「観直して気づいたことがあったら、また書くかも」だそうだ。

 

【関連記事】

*1:でも4失点目を見直すと、別にSBが高い位置にいるわけじゃなかったかな…? 裏を突かれたのは同じだけど。

*2:上にも書いたようにSBの同時攻撃参加をよく見るし、普通のチームとはちょっとSBのコンセプトが違う感じです。