BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

J2第14節(ロアッソ熊本戦)の結果と感想

 1-2で敗れました。最近ちょっと勝利から遠ざかっています。


 リアルタイムで観ている時はけっこうガッカリしたのですが、それについてグダグダ書くのはやめておきます(笑)。あらためて映像を観直すと、チャンスも多く、そんなに悪い出来ではありませんでした。

 

気になること

 とは言ってもやはり気になることはあるので、以下に挙げてみます。

 

疲れ?

 まず、全体的に動きが鈍いように見えたことが気になります。最大の長所とも言えるネガティブ・トランジション(攻→守への切り替え)が、いつもより遅かったと思います。監督はハーフタイムに「切り替えも早いし悪くない」と言っていましたが……。

 攻撃時もあまり走れていなかったのではないでしょうか。いや、ウィングやSBは走るポジションだからもちろん走っていたんですが、もっと全体的に、パスコースを作るための走りがなかったというか……それでもパス成功率は高いので、「走れていない」というのはやはり私の気のせいなんでしょうか、はてさて。

 ベンチ入り含めてずっと同じメンバーで2度目の連戦に入りましたし、やはり疲れは溜まっていると思います。前節から風間がスタメンになっているのも、難波が疲れているせい(と、0トップで中盤の人数を増やしてあまり走らなくていいようにするため?)ではないでしょうか。

 

高くなったサイドバックの裏

 SBが上がった後の裏は完全に狙われていたと思います。特に右SHの田中達也には再三そこを突かれていました。結局(SBの裏を突かれたことからの失点は)1失点で済みましたが、もっと取られていたかもしれません。
 また、 CB陣は田中達也や安のスピードになかなか付いていけなかった感じです。

 

なぜそんなに0トップにしたいのか?

 この項は長くなったので「気になること」から独立させました。正直、なぜそこまで風間の1トップ(というか0トップ)にこだわるのか分かりません。
 FWが中盤に下がるのはいいのですが、そんなにメリットは生まれていないと思います。風間が「トップ下」のような役割を果たせるかと言うと、果たせていません。前を向いてボールを持ったならばラストパスを出したりできるのかもしれませんが、現状はどうしても後ろ向きでボールを持つことが多く、そこから何かをすることができません。ワンタッチではたくことぐらいです(24分に古橋と連携してシュートを撃たせた場面は良かったと思います)。
 大分戦の感想に「難波で0トップをやるのは向いていないのではないか」と書いたのですが、風間もそんなに変わらない気がします。

 

 ちなみにDAZNの中継によると、風間は「自分は1トップではなくて、両ウィングが2トップになるようなイメージ」と語っていたそうです。その考え自体は間違っているとも言えません。ただ、実際はあまり2トップのような形にはなっていなかったと思います。古橋は割と中に入ってくるのですが、山田がそんなに入ってきませんでした。

 これもDAZNの中継でレポーターが言っていたのですが、山田は大本に対して「自分が外に張るから、中に入れ」というジェスチャーをしていたとのことです。これも考え自体は間違っていません。ウィンガーとしての仕事をするということでしょう。山田は右利きなので、(右サイドに置かれた時は)カットインよりも縦に抜けてクロスを上げる方が得意です。

 まあ、お互いに間違ってはいないのですが、意図が噛み合わなかったということでしょうか。

 

そもそも1

  FWが中盤に下がった時、相手CBに「付いていかないと危ない/最終ラインに穴を開けるのも危ない」という2択を強いるのが0トップです。風間が中盤に下がったとして、「相手を迷わせる」ことはできるのでしょうか。相手のCBに「最終ラインに穴を開けてでもこの選手に付いていかないと危ない」と思わせられるでしょうか。

 

そもそも2

 そもそも中盤に人を増やす必要があるのでしょうか。 3人のMFたちだけでもおそらくボールは支配できるのに、さらに支配率を高くする必要があるのでしょうか。

 

どうしてもやりたいなら

 いまのフォーメーションで風間を使いたいなら、インサイドハーフしかないと思います。もちろんそれはシシーニョ・永島との競争を意味するので、なかなか厳しい話なのですが(ウィングもパウロや古橋との競争でなかなか厳しいと思います)。

 そこで、どうしても0トップをやりたいなら風間と永島の位置を逆にするのがいいのではないでしょうか。永島はU17の大会で0トップみたいなことやってましたよね、私は観てないんですけど*1

 

熊本の戦い方

 熊本さんの戦い方にも簡潔に触れておきます。まず、スタメンが前節から7人も入れ替わりました(BUHIXが注目選手に挙げた人はいつもベンチになりますね笑)。4連敗していたせいもあるし、連戦の中日だからということもあるのでしょう。

 正直、スタメンを見た時点で「これは勝てるな」と思っていました。ターンオーバーした相手に負けるというのはなかなかショックです。まあ、岐阜はまだまだ発展途上だし、相手を舐めている場合じゃないということですね。


 守備はあまり前から来る感じではありませんでした。ハーフウェイラインくらいまで待っています。しかし、ボールが守備のスタートラインを越えてからは素早く寄せてきました。これまでに対戦したチームの中で一番速かったんじゃないかと思うくらいです。また、横へのスライドも速かったですね。

 熊本がよくプレッシャーをかけていたからでしょうか、私は「今日はパスを失敗してばかりだな」と思って観ていました。スタッツによると、この日もパス成功率は高かったんですけど。人間の目は当てになりません(笑)。


 攻撃では上述の通り、SHに敵SBの裏を突かせていたと思います。左SH嶋田は守備に追われて下がっていたから(岐阜にとって)良かったのですが、右SHの田中達也には何度も抜け出されていました。


 なお熊本の先制のFKは岐阜が金沢戦でやったような「つき膝FK」でしたが、効果があったかどうかは不明です。そう言えば岐阜もまたビックリFKやってましたね。

 

 

BUHIXが「もう締めの段落はなくてもいいよね」と言ってたぞ。

*1:永島はフリーマンと呼ばれています。ていうかこれ今年の岐阜にそっくりだな。https://news.yahoo.co.jp/byline/kawabataakihiko/20131019-00029049/