BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第13節(徳島ヴォルティス戦)の結果と感想

 1-1で引き分けでした。終了間際に同点に追いつかれ、勝ち点3が目前で1に変わってしまった恰好です。試合終了時には「なんで勝てなかったんだろう」という激しい情動に襲われましたが(笑)、1日経ってだいぶ落ち着きました。

 

 内容的には押されてたんだから引き分けでも御の字だよ……とは思いません。「勝たないといけなかったなぁ」と、いまでも思っています。

 個人的な考えを言えば、徳島に決定機がいくつあったかなんていう話はタラレバに過ぎません。相手の方がチャンスを多く作ったとか、相手の方がいい攻撃をしてたとか、そんなのはこちらが先に点を取った時点でもう「過去のこと」。勝利に近くなったのはこちらであり、きちんと試合を終わらせなければいけないところでした。

 

 でもまあ、あらためて映像を観直すと「追いつかれたのは別に誰かが悪かったわけではないかな」と感じます。強いて言うなら古橋がちゃんとボールをコントロールできれば良かったのですが、その後に失点するまでの僅かな時間はみな精一杯のプレーをしているように見えます。誰が悪いかと言えば審判が悪いんじゃね?

 

スタメン

 岐阜は難波に替わって風間がCFに入りました。久しぶりのスタメンです。それ以外のメンバーは変わりません。

 徳島は出場停止明けの馬渡が左WBでスタメンに復帰。注目選手に挙げた島屋はベンチスタートです。また山﨑が小西に替わって右WBに、石井が内田に替わってCBに入っています。

 

スタイルのぶつかり合い

 試合の展開そのものは分かりやすかったと思います。だからあまり語ることはありません。というか、「気づいたこと」というのがあまりありません(笑)。

 両チームともポゼッション&ハイプレスを志向しており、その戦い方を変えることはありませんでした。結局ポゼッションの部分では岐阜が上回ることになりましたが、徳島は引かずにハイプレスを仕掛けてきました。岐阜もロングキックで逃げずに自陣内で繋いでいこうとしました。スコアは大きく動かなかったものの、見所のある「面白い試合」だったと言えるでしょう。おそらく、第三者が観ても楽しめたのではないでしょうか。

 

 徳島の方がチャンスを作れたことには、いくつか理由があると思います。

 

 このうちバックパスを狙うのはいままで対戦したチームにもやられてきました。だから、徳島の特徴はポジティブトランジションの早さと、エリア内にどんどん人が入ってくるところだと思います。それから岡山×徳島の記事にも書いたように、「判断の速さ」も特徴に挙げられるかもしれません。

 岐阜はネガティブ・トランジション(攻→守への切り替え)が早く、ボールを失ってもすぐに囲んで奪い返す、という場面がよく見られます。大木スタイルの長所だと思います。ただ、攻撃サッカーと言われている割にはポジティブ・トランジションがそんなに早くありません。相手の陣形が崩れている間に仕留めきる、という場面がなかなか見られません。

 特にこの日は風間がCFにいたことで、相手ペナルティエリア近くまで来ても綺麗に繋ごうとしすぎだったかな、という気がします。また風間が下がってゼロトップになるので、ペナルティエリア内に入っていく人数も不足していました。徳島を見習うべき部分でしょう(大分戦の途中でゼロトップになった時は、けっこう代わりの選手が最前線に入っていていい感じだったと思いますが…)。

 

後半は上手く行っていたと思うが…

 前半は危ないシーンをたくさん作られましたが、0-0で終えることができました。私は「これで少し有利になったかな」と感じました。徳島は岐阜のポゼッションに対して真っ向からプレスをかけてきたため、体力の消耗が激しそうだったからです。岡山×徳島でも後半に息切れして決勝点を取られていましたし、この日も後半にチャンスが来ないかな、と思っていました。

 まあ、だいたいその通りの展開になったのではないでしょうか。徳島も島屋、内田ら突破力のある選手を入れてきましたが、全体的にはペースダウンしていたと思います。岐阜側に後半勝負というゲームプランがあったのかどうかは分かりませんが、というかたぶんありませんが(笑)、結果として上手く行っていました。あと少しで、先週大分にやられたようなゲームにできたところでした。

 

 後半に目立った選手を1人挙げるなら山田です。右ウィングに入れてヴァシリェヴィッチに当てるのは大成功でした。ヴァシリェヴィッチは山田のドリブルに付いていくことができず、ビルドアップの時にも山田のプレスでボールを奪われていました。

 最近どうも山田くんが活躍してますね。では終わりに山田天満宮の写真を貼っておきます。彼の活躍を讃えて私が一夜で建てたものです(嘘)

f:id:buhix:20170514151353j:plain

f:id:buhix:20170514151423j:plain

山田天満宮名古屋市北区)と山田晃平選手は関係ありません。