BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

ファジアーノ岡山×徳島ヴォルティス 〜あれ、どっかで見たぞ?〜

 これは第12節の試合です。第13節の岐阜の相手が徳島なので、観てみました。結果は3-2でホームの岡山の勝利でした。

 

岡山の印象

 フォーメーションは前に観た試合と変わらず3-4-2-1。ただ、前線の3人が片山・塚川・伊藤→豊川・石毛・大竹とそっくり入れ替わっています。故障者が多く、また連戦の疲れもあるため、FWのやりくりに苦労しているようです。

 ボールサイドに寄ってプレスをかけて行こうという戦い方は以前と変わりません。ただ、後述のように徳島もボールサイドに人数をかけてくるチームなので、「奪ってもすぐ奪い返される」という展開になっていました。徳島の方がDFライン〜中盤でパスを繋げたこともあり、ボール支配率では劣勢に立たされます。

 前半の途中までは、これから3点取って勝つような試合にはとても見えません。やはりサッカーは最後まで観ないと分かりませんね。

 

 後半は強気の選手交替が目に付きました。早めに交替枠を使い切り、個人で仕掛けられるタイプの選手をどんどん投入していきます。この積極的な姿勢が勝ち越しに繋がったのでしょう。

 

徳島の印象

 相手ゴールキック時の配置を見ると、守備は4-3-3でやっていたようです。攻撃の際は右SBの小西が高い位置に出て、3バックでビルドアップします。杉本・カルリーニョス・前川あたりはかなり流動的に動きます。逆転された後や選手交替の後にはまた少しフォーメーションが変わっていたようですが、あまり詳しいことは分かりません。

 

どっかで見たぞ1 

 徳島を見た最初の印象は「あれ、何かめっちゃパスしてるぞ?」です。最終ラインからビルドアップしようとするのもそうですが、中盤でのパスワークがかなり速いと思います。判断の速さまで含めると、岐阜よりよほど「パスサッカー」しているように見えます。まあ、隣の芝は青く見えるだけかもしれませんが…。

 

どっかで見たぞ2

 次の印象は「あれ、何かサイドに人数かけてるぞ?」です。徳島のパスワークが速いと書きましたが、それは一方のサイドに選手を集めて、距離を近くしているおかげでもあります。仮にパスをカットされても、選手間の距離が縮まっているためにすぐプレスをかけ始めることができます。どこかで見たような戦い方ですね。

 岡山も「縦にも横にも」コンパクトな陣形を取ってくるチームなので、ボール周辺にたくさんの選手が集まっていました。序盤はボールを取ったり取られたりの目まぐるしい展開となりましたが、結局は徳島側にボールが落ち着きます。徳島の方がしっかりとパスコースを作る動きをしていて、取ったボールをどんどん次の選手に渡していけるからでしょう。

 

どっかで見たぞ3

 ただ、攻めている時間は長かったのですが、この試合では3失点を喫してしまいました。

 1点目はCKをゾーンで守っていて単純に反応の速さで負けた感じです。しょうがないと言えばしょうがないのですが、そもそもCKを与えた原因がCBヴァシリェヴィッチのパスミスなので、やはり余分な失点だった気がします。

 2点目は枠を外れたミドルシュートが相手選手に当たって入ってしまったものです(偶然に当たったのではなく、意図して触れたようにも見えますが)。これは不運な失点で、1点目よりさらに「しょうがない」と思います。ただ、その直前にペナルティエリア横のスペースを突かれたところは、ちょっと簡単にやられすぎているようにも見えます。付け加えると、この少し前にもサイドチェンジからシュートを撃たれていました。ボールの近くに人数が多くなるチームの弱点なのでしょうか。やっぱりどこかで見たことある気がしますね。どこだっけ、岐で始まって阜で終わるチームだったような…。

 3点目はサイドでボールをキープされてから2本連続で縦パスを通され、最後は藤本に決められます。藤本がファーストタッチで2人のDFをかわしたところだけ見ると、まさに「あんな好プレーされたらしょうがない」という感想になるのですが、その前に縦パスを2本連続で通されたところは少しお粗末です。終盤になって足が止まっていたということなのでしょうか。

 前半の徳島ならばこんなに簡単にパスを通されなかったし、そもそもの起点であるサイドでのボールキープを許さなかったでしょう。上述の「どこかで見たやり方」で、サイドに来たボールは簡単に奪えたはずです。

 3失点目の場面に限らず、後半の徳島は「ボールの奪い返し」が上手く行っていませんでした。そのため岡山がボールを持ったらカウンターでシュートまで持ち込むことが可能になり、カウンター合戦の展開となります。本当にターン制バトルのように見える時間帯もありました。リカルド・ロドリゲス監督は「後半の方が良かった。後半のような試合が最初からできれば」と言っていましたが、私にはちょっと難解です*1

 

終わりに

 まあつらつらと書いてきましたが、全体的な印象は「あれ、ここの監督って大木さんじゃね?」です(ぉぃ)。ちょっと上にリカルド・ロドリゲスって書いたのに何を言ってるんだ。

*1:どうも、先制した後に2点目を取りに行かなかったことを指して「前半は良くなかった」と言っているようですね。