BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

群馬っていいとこですよ2 〜敷島公園と正田醤油スタジアム〜

 前橋公園を散策した後は、徒歩で敷島公園に向かいました。正田醤油スタジアム敷島公園の中にあります。所要時間は15〜30分ほどです。

 

道すがら

f:id:buhix:20170505115434j:plain

 ↑道の途中で見つけた看板。何とも言えないグンマー感(?)が漂っているので撮ってしまいました。でもよく見ると新栃木駅って書いてありますね。

 

f:id:buhix:20170505082228j:plain

f:id:buhix:20170505082252j:plain

 敷島公園の入り口付近から望む風景。川は利根川、山は赤城山榛名山でしょうか? 天気が良かったおかげで、非常に見栄えがしました。そして、まるで故郷(岐阜県)にいるような安心感を与えてくれました(ぉぃ)。

 

敷島公園 

f:id:buhix:20170505075755j:plain

 敷島公園に入ってどんどん歩いていくと、正田醤油スタジアムに着きます。ここで昼食。群馬のスタグルとして名高い「鳥めし弁当」を頂きました。

 鳥めしに限らず、群馬さんのスタグルはメニューも豊富でレベルが高いです。たぶん総合的には岐阜より上ではないでしょうか。うちのスタグルはよく褒められてるけど、牛串が飛び抜けて美味い以外は正直あんまり……って感じですね。まあ、「隣の芝は青い」かもしれませんが。

 

 その後、試合開始までまだ時間があるので公園内を散策しました。

 

f:id:buhix:20170505082336j:plain

 ↑敷島公園内にある「文学碑」。

山あらばその頂に

川あらばその源の

ただあくがるる

こころ失せじふ

 浅田晃彦さんという方の歌だそうです *1。解説は要りませんね。たとえ細かい言い回しが分からないとしても、山と川を愛する心がストレートに伝わってくると思います。

 

f:id:buhix:20170505082356j:plain

 ↑「林間学校発祥の地」の石碑。さもありなん、流石は群馬じゃ。

 

f:id:buhix:20170505082423j:plain

 ↑公園内の水路。近くに池もあって、スワンボートに乗れます。

 

ばら園

f:id:buhix:20170505082510j:plain

 ↑ずーっと歩いていくと、ばら園に着きます。うちのローズちゃん(ヘッダー画像右端)が喜びそうですね。入場は無料です。

 

f:id:buhix:20170505082541j:plain

 ↑「あかぎの輝き」。花開くにつれ黄色から赤に変わっていくのだそうです。凄い!

 他にも、バラの品種の系譜や香りの系譜などを説明したボードがありました。ちなみにこのゾーンは温室になってて暑かったです(笑)

 

f:id:buhix:20170505083825j:plain

f:id:buhix:20170505083903j:plain

f:id:buhix:20170505120635j:plain

 ↑ばら園内の様子。まだ花が咲いていないようです。

 

f:id:buhix:20170505083929j:plain

 ↑「ばらの精」の像。ローズちゃんの親戚かもしれないですね(?)

 

蚕糸記念館 

f:id:buhix:20170505084038j:plain

f:id:buhix:20170505095101j:plain

 ↑ばら園の隣には蚕糸記念館もあります。入場無料です。

 

f:id:buhix:20170505084116j:plain

 ↑「シルクシティまえばし」。何かカッコいいですね。確かに養蚕が盛んならばシルクシティと言えるのかもしれません。これからは前橋を田舎呼ばわりする奴らに「うるせーシルクシティなめんな」と言ってやりましょう。いまはもうシルクシティじゃない? そうかも。

 

正田醤油スタジアム

 というわけでぐるっと回って正田醤油スタジアムに戻ってきました。

 歩いてカロリーを消費したので今度は群馬名物「もつ煮」を頂きます。こんなことしてたらブタになるので読者の皆様は気をつけてください。そう言えばブタがもつ煮を食べたら共食いかな?

 もつ煮は大変美味しゅうございました。「関東=醤油味」というイメージだったのですが(おでんのことを関東炊きと言ったりもするし)、群馬のもつ煮は味噌味なんですね。

 

というわけで、そろそろスタジアム内に入ります。 

 

f:id:buhix:20170505084144j:plain

 ↑照明の柱にも「正田醤油スタジアム群馬」の文字が。

 

f:id:buhix:20170505084237j:plain

 ↑ホームのゴール裏方向。緑の中のスタジアムという感じですね。遠くには美しい山並も見えます。

 

f:id:buhix:20170505084303j:plain

 ↑ピッチ内の様子。見やすさにはちょっと難があります。

 

f:id:buhix:20170505084214j:plain

 ↑「シリーズ・群馬県庁」の番外編。正田醤油スタジアムから見える群馬県庁です(右上)。岐阜サポーターの皆さんも写っています。

 

家に帰るまでが観戦です

 FC岐阜は無事に勝利し、私も事故死することなく無事に帰宅できました

 

f:id:buhix:20170505090030j:plain

 ↑帰り道、横川SAから望む妙義山

 

f:id:buhix:20170505090111j:plain

 ↑せっかくだから横川SAで「ぐんまちゃん」のぬいぐるみを買います。「お土産ですか?」と訊かれたので、ついつい「はい」と答えてしまいました(笑)。どう答えるのが正解なんでしょうね。「違います! 私が使うんです!」とでも言うべきだったのでしょうか(ぉぃ)。

 

f:id:buhix:20170505090129j:plain

 ↑包み紙も動物がいっぱいで群馬チックな感じですね(?)

 

f:id:buhix:20170505090149j:plain

 ↑既にいる仲間たちとともに、ぐんまちゃんはカーテンレールの上から見守ってくれることでしょう。

 

【関連記事】

 

ゆるキャラ(R)グランプリ公式ぬいぐるみ・ぐんまちゃん(10cm)
 
ぐんまちゃんの休日

ぐんまちゃんの休日

 

 

 

*1:恥ずかしながら私は知らなかったのですが、浅田さんは群馬県出身の医師・作家で、直木賞候補になったこともある方だそうです。