読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

J2第11節(ザスパクサツ群馬戦)プレビュー? 〜日本の中心で〜

 今週のプレビューも手抜きです。

 ……別に群馬さんが嫌いなわけじゃなくて、次の試合まで間がないからなんです( ;  ; )

 

クラブ紹介

 

 前身のリエゾン草津専修学校・東日本サッカーアカデミーの所属選手が主体になってできたクラブです。今まで紹介したクラブは前身を含めて何十年も歴史があるところでしたが、やっと歳が近いクラブが出てきてくれました(笑)

 その後、1999年に同アカデミーが閉鎖となってしまうのですが、他の地元サッカークラブから支援を受けて何とか存続することになりました。この時期は選手が草津温泉でアルバイトをしたり、選手数がギリギリまで減ったりとかなり苦しかったようです。

 サッカーに興味がない人は「Jリーガーは給料が安いからバイトをしている」という謎の思い込みを抱いていたりしますが、それはおそらくこの頃のザスパの逸話が誇張されて伝わったものではないでしょうか。

 草津温泉との絆は現在に至るまで深く、現在でも本社所在地は草津町になっています。呼称がザスパクサツ群馬になった時点で前橋市に移転したかと思っていましたすいません。またアマチュア契約の選手たちや、セカンドチームである「ザスパ草津チャレンジャーズ」の選手たちは、現在も温泉街でアルバイトすることがあるようです。

 

 あと書き留めておきたいのはロゴのことですかね。草津町郷土芸能「前口の獅子舞」に温泉マークを合わせたデザインになっています(公式HPの画像)。讃岐さんのロゴもユニークでしたが、群馬さんもかなりのインパクトがありますね。「あれ?このロゴどこのだっけ?」とはなりません。「ああこれ群馬のだ」とすぐ思い出せます。

 うちのレンゲももうちょっとオサレ感を出したいですよね。何かこう、女性ファンが喜んで身につけるような……(適当)

 

私的ダービー

 個人的には、金沢戦よりよほどダービー感があります。三名泉にかこつけるのもいいんですけど、それ以前に海なし県同士の試合ですからね。もうそれだけでダービーですよね。

 しかも群馬さんは公式HPでこんなこと言っちゃったんですよ。

 

群馬県は、日本列島のほぼ中央にあって、

 

 あーあ、言っちゃった。「日本の中央」。これは岐阜県民200万人のハートに火をつけるパワーワードなんですよ。口で「どうせ岐阜のいいところなんかないよ」と言っている人でも、心の奥底では「真ん中」であることに強い誇りを持っているのです。たとえそれが単なる位置のことに過ぎず、政治的・経済的・文化的etcあらゆる意味で日本の中心からかけ離れていようとも……。

 残念ながら、「日本の真ん中」の称号は他のどこにも渡すわけにはいきません。明後日はこれで負けられない一戦となりました。たとえ最下位が相手でも、私にとっては誇りのかかった天王山です。

 ですから群馬サポーターの方々も誇りを持って応援してあげてください。

 

 

 

ちなみに丸亀製麺の醤油は正田醤油製だぞ。

 

 

 

【関連記事】

 

 

サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験 (生活人新書)

サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験 (生活人新書)

 
正田 有機醤油 500ml

正田 有機醤油 500ml