BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第10節(ツエーゲン金沢戦)の結果と感想

 1-0で勝利しました。これで4月はとうとう負けなしで終えました。順位は10位まで上がっています。一桁順位がすぐそこまで見えてきましたね。

 

でも内容は

 ただ、内容的には決して快勝というわけではありません。特に前半は金沢の激しいプレッシングを受け、攻めあぐねるどころかハーフコートに押し込まれるような時間帯もありました。勝ちはしたものの、全体的には金沢の柳下監督のプラン通りに進んだ試合だったと思います。

 

受け手の体の向き

 前半の金沢はただ闇雲にプレスをかけるのではなく、ボールの取り所をしっかりと決めていたと思います。具体的には岐阜の縦パスをどんどんカットしようとしているように見えました。

 縦方向のパスはどうしても相手ゴール方向に背を向けて受けることになるので、相手が視界に入りません。そこに背後からプレッシャーをかけてボールを奪うというのはよくある光景ではあります(だから相手を背負ってプレーできるポストプレーヤーは称賛されます)。讃岐戦でも何度かそうして縦のパスをカットされていましたが、金沢はもっと徹底的にやってきた感じです。

 それへの対策としてよく言われるのが「斜め方向にパスコースを作る」ということです。真っ直ぐ縦に出すのではなく、少し横方向の角度をつけて斜めのパスにし、受け手はできるだけ相手ゴール方向が視界に入るような(あるいはワンタッチですぐに相手ゴール方向を向けるような)体勢でこれを受けるようにします。

 開幕からここまでボールを支配するサッカーはできていたと思いますが、受け手の体の向きなどにまだまだ改善の余地があったようです。柳下監督がそれを教えてくれました(笑)。これについては、課題が見えたのだと思ってポジティブに捉えればいいと思います。長所をまだ伸ばせるということですからね。

 

ヘニキ「GWだしドライブしようぜ!」

 金沢のプレッシングのせいでビルドアップが上手く行かないと感じたのでしょうか。この試合ではヘニキがドリブルで敵陣までボールを運んでいく場面が多くありました(庄司も1回やっていました)。

 これは別に無謀な行動ではなく、CBがパスコースを塞がれた時の対策です。「相手がこっちのビルドアップを邪魔するために人数をかけてきたなら、前の方で味方がフリーになっているはず。だからそこまで自分で持ってっちゃおう」ということです(もちろんロングボールを蹴るという選択肢もあります)。ドライブとか「運ぶドリブル」などと言われています。

 一度だけでなく何度もやっていたので、おそらく普段からパターンとして練習しているのだと思います。頑固と言われる大木監督も、やはり相手にビルドアップを妨害された時の準備はしているのですね。

 当然のことながら、ドライブ中のCBがボールを奪われると大ピンチになります。だから絶対に奪われてはいけないし、奪われない自信がある時(あるいはボール保持者にプレスがかかっていない時)しかドライブしてはいけません。となると、運び役としてはやはりヘニキが適任なのでしょう。

 

運と言えば……

 決勝点はフリーキックから生まれました。キッカーの前に古橋・永島・田中パウロが立て膝でしゃがみ、蹴る瞬間を相手に見せないようにしています。いつかの高校選手権で話題になった「つき膝FK」ですね。この状態で庄司が何度も蹴り直すしぐさを見せ、福村も蹴るふりでボールを跨いだりしているので、相手は焦れていたのではないでしょうか。

 このゴールは決して「運」によるものではないと思います。まあ最終的なこぼれ球の位置などは運かもしれませんが、トリックプレーで相手を惑わした結果として運が活きたのでしょう。今年の岐阜はポゼッションスタイルで有名ですが、セットプレーでもかなり色々な工夫をしています。

 余談ですが、庄司が蹴った瞬間、ついたて役だった古橋が素早く立ち上がってこぼれ球に詰めようとしています。他2人は座ったままだな。このような姿勢を見ても、やはり岐阜側に運を味方にする準備ができており、得点は必然だったと言えるのではないでしょうか。

 

 運と言えば、こちらが点を取れたことではなく相手に点が入らなかったこです。前半のうちに先制されてもおかしくなかったし、さらに追加点を取られてもおかしくありませんでした。

 岐阜は岐阜で相手の運動量が落ちてきた後半に追加点を取れませんでしたし、お互いにちょっとシュートの精度を欠いていましたね。やはり「金沢のマンマークは崩せる」とかフラグを立てるもんじゃありません。

 気になった場面を1つだけ挙げるなら、22分に宮崎にシュートを撃たれたところでしょうか。ゴールキックの落としから簡単に逆サイドを使われ、シュートに持ち込まれていました。湘南戦の3失点目とよく似た形です。プレッシングからショートカウンターを受けるのはある意味で大木サッカーの宿命なのですが、こうやって相手ボールの時に弱点を突かれることには修正の余地があると思います。

 

 まあ、結果として今季2試合目のクリーンシートを達成できたので、チーム全体が成長しているとは言えます。初勝利が遠かった頃なら、前半に相手に押し込まれた時点でもうパニックになっていたかもしれません。

 

最後に

 多くの金沢サポーターさんが来てくださったこともあり、会場の熱気はなかなかのものでした。この調子でどんどんホームゲームが盛り上がるようになるといいですね。

 次節は最下位に沈んでいる群馬が相手ですが、今週はフラグ立てごっこはしません(笑)。以前も書いたように群馬の攻撃陣はそんなに悪くないように見えます。今はまだ得点数リーグワーストなのですが、脱出も見えてきました。失点しないように注意ですね。

 

【関連記事】