BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

ファジアーノ岡山×ツエーゲン金沢 〜我慢比べ〜

 これは第7節(2017.4.8)の試合です。結果は1-0でアウェイの金沢の勝利でした。一応、この記事が第10節プレビューその2になります。

 

岡山の印象

 フォーメーションは3-4-3。まあ3-4-2-1としてもいいのかもしれませんが、私には細かい違いがよく分かりません。要するに3バックで2ボランチでワイドが1人ずついて前線が3人です(投げやり)

 表記だけ見ると以前に見た大分に似ているようですが、やっていることはまったく違います。こういうことを見逃して「フォーメーションが同じならやっているサッカーも同じ」と考える人にはなりたくないので(それから僭越な言い方かもしれませんが、このブログを読んだ方にもそうなってほしくないので)、今まであまりフォーメーションの話はしませんでした。

 大分とどこが違うかというと、一言で説明するならボールの支配を目指しているかどうかだと思います。大分は3人のCBに足元の技術があり、最終ラインからパスを繋いで攻撃を組み立てようとしていました(群馬も同じことをやろうとしていましたが、あまり上手く行ってません)。

 では岡山が何を目指しているかというと、プレスで前からボールを奪いに行くサッカーのようです。パスを繋いでいこうとするサッカーとはある意味で正反対ですね。

 

 岡山の第1の特徴は、最終ラインが高く保たれていることです。3人のCBが高い位置にいるので、WBのどちらかを含めて4バックのように見える場面も多いです。

 第2の特徴は、ボールと逆サイドにいる選手が真ん中まで絞ってくることです。いわゆる「横にもコンパクト」な陣形になり、ボールサイドにたくさんの選手が集まる格好になります。

 そうして縦にも横にもコンパクトになったところでプレスをかけてボールを奪いに行く、というのが岡山の基本コンセプトのようです。町田に似ているし、岐阜にもちょっと似ていますね。

 もちろん高くなったラインの裏と、大きく空いたボールの逆サイドは弱点にもなります。

 

 まあそんな感じで「ボールを奪うまで」はしっかりと意図が見えるのですが、ボールを奪ってからは少し苦労しているというか、何が特徴なのか分かりにくい感じです。

 3トップのうち本職のFWなのは片山だけで、伊藤大介はパサータイプ、塚川はボール奪取型のボランチだったようです(ソースは選手名鑑)。その片山もWBやCBにコンバートされていた時期があり、おそらく必ずしも点取り屋タイプではありません。エースの赤嶺を欠いていることで、フィニッシャーが不足しています。

 また、そもそもボールを前に進めることにも苦労しているように見受けられます。柳下監督が仕込んできた金沢のプレッシング&マンマークを受けると、前線になかなかボールが収まりません。後半になると途中出場の豊川と大竹からだいぶチャンスが作れるようになりましたが、結局ゴールを奪うには至りませんでした。

 WBの加地(あの加地。元日本代表)とパク・ヒョンジンはともにクロスが上手なので、もったいないですね。彼らのクロスに合わせられるFWがいると、相手チームの脅威になると思います。

 岡山にはあと1つ、片山のロングスローという武器があります。岡山×讃岐のレビューにも書きましたが、彼はただ遠くまで投げられるだけではありません。コントロールが良く、ニアやファーに投げ分けられるようです。おそらくリーグで一番のロングスロワーでしょう。ただ、それもWBからのクロスと同じで、中で合わせられる選手がいないと怖さは半減します。岡山のCB陣はスピードのあるストッパータイプのようで(ラインを高く保つつもりなら理に適っています)、あまりセットプレーでの得点を期待できるわけではなさそうです。

 

金沢の印象

 岡山に比べると、攻撃から守備までやりたいことがはっきりしていた感じです。

 守備ではまず前線からプレスをかけてボールを奪いに行き、それをかわして攻め込まれたら早めにマンマークに移行します。考え方としてはシンプルで分かりやすいと思います。

 攻撃もシンプルに、高くなった相手のライン裏を2トップで突こうとしていました。あるいは3バックの両脇に侵入してクロスを上げようとしていました。これも狙いは分かりやすいし、岡山への対策としては正しかったと思います。やっぱ勝った試合だけ観るとヤンツー有能なんだよなぁ。

 しかし、この試合では流れの中からゴールを奪えていません。金沢の切り札的存在である山崎も、そこまでチャンスを作れませんでした。岡山のCB陣が対人守備では優れていたということだと思います。

 決勝点はFKから廣井のヘディングで奪いました。何度もロングスローのチャンスを得ていたのに頭で決められない岡山CB陣との差を感じます。上にも書いた通り、岡山はあまり空中戦には強くないようです。

 

ひとこと

 両チームともプレスをかける意識が高いため、なかなかボールが収まらない我慢比べの展開となりました。

 明日も前半はプレスのかけ合いで我慢比べになるかもしれません。苛立たずに試合を運んでくれることに期待します。今のチームはどんどん成長しているので、それができるはずです。

 気にかかるのは、うちのCBが岡山や大分ほど金沢の2トップを抑えられそうにないということでしょうか。プレッシングだけで疲れてくれるといいのですが。

 まあ、仮に点を取られたとしてもそれ以上に取り返せるでしょう(フラグ)