読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

【明宝ハム】 BUHIX、共食いする

 はい、今回は共食いの話です。

 『共喰い』(ともぐい)は、田中慎弥の短編小説。第146回芥川賞受賞作。

 

 ……って、これのことじゃなくてですね。

 BUHIXが明宝ハムを食べるという、ただそれだけの記事です。なぜいきなりそんなものを書くかというと、某テレビ番組で明宝ハム岐阜県の名物として紹介されたようだからです(私は観ていないのですが)。それについてちょっと思うところがあるので、消費者の生の声?を記しておこうと思います。

 

BUHIX、悩む

 ただ問題が1つあって、BUHIXはブタだから、明宝ハムを食べたら共食いになってしまうわけです。Jリーグはその辺り厳しいんじゃないでしょうか。共食いの罪を犯したサポーターはスタジアム出禁になってしまわないでしょうか。

 …と思ったけど、昔のCMからして共食い推奨してたような気がしなくもない。

 

 1本目のCMに、ナイフとフォークを持った「ハムトン」というキャラクターが出てきます。こいつ絶対ブタのくせに明宝ハム食おうとしてますよね

 というか意味が分かりませんよね、このCM。記憶の中にあったCMとはだいぶ違います。お茶の間で見るには前衛的すぎませんか。「分からないから伝えたいんです!」てナレーションも開き直ってるけどさぁ。

 まあいいや、共食いネタはそれくらいにして。

 

BUHIX、買ってくる

 早速、近所のスーパーで明宝ハムを買ってきました。こんな風に「そこら辺に売ってる」「買おうと思えばすぐ買える」という意味では、確かにソウルフードと言うこともできます。

f:id:buhix:20170420230512j:plain

 

 隣に仲良く並んでいるのは、「超刺激」の名に惹かれて買ったビールです。ノリで買ってしまったんですが、まあいいですよね。明宝ハムくんも1人で逝くのは寂しいでしょうから、道連れが必要でしょう。

 

 パッケージをよく見ると、BUHIXの親戚みたいなキャラクターが印刷されてます。↓

f:id:buhix:20170420230535j:plain

 やはりこれを食べたら共食いの罪を犯してしまうのでしょうか……。

 

 メーカーの所在地。明宝村は現在、郡上市の一部になっています。↓

f:id:buhix:20170420231808j:plain

 岐阜県は広いので、そもそも「明宝ってどこ? 名前しか知らんわ」と思っている県民もたくさんいると思います(笑) 私も「なんか北のほう」としか認識しておらず、具体的に郡上市であるとは知りませんでした。

※「明宝村」の由来については詳しい方に譲ります(元は明村[みょうがたむら]だった、等々)。

 

というわけで食べてみます

 丸かじりもいいけど、輪切りにしてみました。パッケージだけじゃなく中身の写真も載せたいし。↓

f:id:buhix:20170420230626j:plain

※分厚すぎます。料理が得意な方はもっと綺麗に、もっと薄く切れると思います。

 

気になるお味は?

 一言で表現すると、しょっぱい。

 前から知ってたけど、やはりしょっぱい。記憶だけに頼って適当なことを書いてはいけないと思ったからあらためて食べてみたけど、結局しょっぱい。

 昔からずーっと思っていることなのですが、明宝ハム味つけがくどいです。塩分を気にする方は食べない方がいいのではないでしょうか(成分表示によると100グラム中の食塩相当量は2.1グラムだそうですが、これが他のハムに比べて多いのか少ないのかは分かりません)。

 いわゆる「素材の味を活かした」という感じはしません。いや、「いいハム=素材の味」という私のイメージが間違っているのかもしれないし、そもそもハムとは腐らせないために塩をたくさん入れるものなのかもしれませんが……。

 個人的にはいつも「美味いことは美味いけど、そんなに良いかな」と感じていたので、岐阜県民がみんな死ぬほど明宝ハムを愛しているわけではないということは言っておきたいと思います。私は死ぬほどではなく、少し愛しています(笑)

 

 

このビール、普通のスーパードライとの
違いがよく分からないですね。

 

 

 

 

 

お前が飲むのかよ!?

 


明宝ハム (360g) 明宝特産物加工(株)

明宝ハム (360g) 明宝特産物加工(株)

 
明宝ハムとソーセージ詰合せ

明宝ハムとソーセージ詰合せ

 
共喰い (集英社文庫)

共喰い (集英社文庫)