BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

J2第9節(カマタマーレ讃岐戦)プレビューその2 〜DAZNハイライトを観た印象〜

 というわけで、無事プレビューその2をアップすることができました。今回はDAZNで讃岐の試合のハイライトを観て気づいたこと、感じたことを書いていきます。

 

第4節・モンテディオ山形

攻撃面

 このハイライトはひたすら讃岐のチャンスシーンばっかりで、おいおい何じゃこりゃ?という感じです。

 最も目立っていたのは馬場、次いで仲間でした。馬場はドリブルでの突破力があり、そこからクロスを上げることもミドルシュートを撃つことも出来ます。また、自分が中央でクロスのターゲットになったり、裏に抜け出してボールを受けたりもしていました。仲間は中央で馬場からのクロスを受けたり裏に抜け出したりする場面が多かったのですが、たまに仲間の方がサイドに流れてクロスを上げることもありました。

 ただ、2人とも積極的にシュートを撃つのですが、大きくクロスバーを越えるような当たり(いわゆる宇宙開発)も多かったです。それでもやはり馬場のシュートレンジ、キックの強烈さは侮れませんが…。

 他には、木島徹也の突破から渡邉大剛がシュートを放ったところもかなり惜しいシーンでした。原一樹は出場していたようですが、このハイライトにはあまり出てきません。

 もう1つ印象に残ったのは、セットプレーの時にゴールの中に入る(GKの周りに群がる)ようなポジショニングですね。前節の岡山戦でもやっていたので、練習しているパターンなのでしょう。岐阜のように必ずしもボディコンタクトに強くないチームがあれで混戦を作られると嫌ですね。 

 

守備面

 山形のシュートシーンは1つしか収録されておらず、讃岐の守りについてはほとんど何も分かりません(笑) その唯一のシュートシーンはCKからのこぼれ球を押し込もうとしたところなので、セットプレーに弱いと言えなくはないでしょうが…。

 

第5節・レノファ山口

攻撃面

 最も目立っていたのは原です。得意のヘディングでシュートしたり、サイドに流れてクロスを上げたり、フリーキックで直接ゴールを狙ったりしていました。しかし、原はどうも肉離れで岐阜戦に出られないようなので、これ以上触れません。

 原が絡む場面以外で決定機と言えるものは2つありました。1つ目は高木のクロスを仲間がヘディングした場面。惜しくも山口のGK山田元気にセーブされるものの、クロスの勢いを殺さぬまま方向をズラす巧みなシュートでした。これは山形戦のハイライトを観た時にも感じたことですが、クロスに合わせる仲間の動きにはセンスを感じます。
 2つ目はエブソンの縦パスを受けて西がシュートした場面です。特に印象に残ったのはエブソンのパスの方ですね。後方から一気にペナルティエリア内に通す、まさにキラーパスでした。エブソンは高さや強さに特徴がある選手だと思っていたのですが、もしかしたらロングフィードを買われて起用されているのでしょうか? いつもこんなのが通せるなら怖いですね、そうでないことを祈りますが……(笑)

 なおセットプレーでは原やエブソンをターゲットにしていましたが、強いシュートは撃てていませんでした。

 

守備面

 ハイライトの最初の方は山口のチャンスシーンばかりです。ということは、前半は山口が押していたようです。

 まず小塚のスルーパスに岸田が抜け出した場面。讃岐のCBエブソンとリ・ヨンジの間に、斜めの動きで岸田が入ってきます。完全に抜けられればGKと1対1の大ピンチになっていましたが、何とかリが付いていき、シュートをブロックしました。

 山口の岸田は裏のスペースを狙うのが上手く、相手にとっては非常に嫌なFWです。我が岐阜もやられましたし、第5節プレビューのために観た試合でも東京Vが苦しめられていました。

 次は山口の前貴之ミドルシュートを放った場面。枠に飛ぶ上手いシュートでしたし、それ以上に「讃岐がゴール前を固めてるんで外から撃とう」という判断が良かったと思います。こぼれ球に岸田がきちんと詰めようとしていたのも流石ですね。讃岐が引いてきた場合、岐阜もミドルを狙ってほしいものです。

 そして山口の得点シーン。話題になった小塚のスーパーゴールです。右サイド(讃岐の左サイド)でボールを奪われカウンターを仕掛けられますが、前のプレス*1で再奪取(ボールを取られてしまった讃岐の選手は高木でしょうか)。次の瞬間に小塚が大きく前方に蹴り出したボールは、相手GK清水の頭上を越えてゴールへと吸い込まれて行きました。小塚のコメントによると、序盤のうちに「相手GKが前に出ているぞ」と高柳からアドバイスを受けていたそうです。それにしてもあんなロングシュートはなかなか決まりません。才能ある選手だなと思います。

 なお清水の近くまで岸田が詰めてくるのが画面に映っています。小塚のシュートもさることながら、いつでもゴールを狙う岸田の姿勢は本当に嫌らしいですね。

 後半になっても山口は印象的な攻めを見せます。49分には米澤→星→小塚→星→高柳と繋いでゴールを奪いました。小塚→星のところで高柳がオフサイドポジションにいたためにこのゴールは取り消されてしまうのですが、山口らしい見事なコンビネーションでした。最後は星・高柳・米澤で綺麗な渦巻きを作り、讃岐のCBエブソンと右SB市村はまったく付いてくることができません。

 こういう攻撃ができるから「パスサッカーの山口」と言われるんですね。選手が入れ替わってもきちんと攻撃を仕上げてくる上野監督は名将ですね。

(後日追記:私は上野監督のことを名将だと思っていたのですが、山口はなかなか順位を上げてくることができませんでした。そして、第15節が終わった後に上野監督は解任となりました。)

 

つづく?

 余裕があれば、プレビューその3に続きます。そこでは湘南戦と名古屋戦のハイライトについて書く予定です。

 なお以下に関連記事を貼っておきますので、よろしければご覧ください。

 

【関連記事】

 

 



*1:この「前」は前貴之のことです、念のため。「前が前からプレスした」と駄洒落を飛ばすのはやめておきました。