BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

カマタマーレ讃岐×ファジアーノ岡山 〜瀬戸大橋ダービー〜

 次節(讃岐戦)の予習も兼ねて観てみました。瀬戸内海を挟んだ隣県同士の対決であり、サポーターの注目度も高いようです。いいですね、そういうのも。岐阜も海を挟んだダービーしたいなぁ(できねーよ)。

 

 

前半から譲らぬ展開

岡山が押しているようだけど

 序盤からポゼッションで上回ったのは岡山でした。しかしエース赤嶺を欠いていたため、なかなかフィニッシュに持ち込めません。クロスは跳ね返され、ロングボールを蹴っても前線に収まりませんでした(ただ片山、塚川らのプレーに気迫は見えました)。

 流れの中からフィニッシュに持ち込めなくても、岡山にはもう1つ武器がありました。片山の投げるロングスローです。ただ遠くまで届くだけでなく、高いボールや低いボール、ニアやファーなどに投げ分けられるようです。これは高さのないチームにとって脅威ですね。

 ただし讃岐のDF陣は空中戦に強く、このロングスローも弾き返していました。特に印象に残ったのはCBの中島大貴です。空中戦の強さ、1対1の対応などを見ていてもルーキーとは思えません。流れの中からもセットプレー(ロングスロー)からもシュートを撃てず、岡山の攻撃は手詰まりの様相を見せます。

 

カウンターを狙う讃岐

 ボールを持たれた讃岐は、固い守りからのカウンターを狙う展開になります。このカウンターは傍目には割と上手く行っているように見えました。エース原は欠場していましたが、木島徹也(弟)・仲間・馬場らが素早くゴールに迫る攻撃は悪くなかったと思います。結果として0-0で前半を終えましたが、ゴールになる可能性が高い攻撃をしていたのは讃岐の方でしょう。

 

讃岐の交代は少し疑問だったが

 後半に入ると岡山が先制点を挙げます。パクヒョンジンのクロスをボレーで決めたのは伊藤大介。これは素晴らしいゴールで、固い讃岐の守備陣もノーチャンスでした。

 この直後に讃岐の北野監督は木島徹也に代えて我那覇を投入します。あくまで傍目(他サポ)からの意見ですが、やや首を捻りました。上述の通り、讃岐のカウンターは悪くないように見えたからです。先制される少し前にも仲間がクロスバー直撃のシュートを放っていました。岡山はリードしてもそこまでガチガチに引いてくるチームではないようなので、まだカウンターから点を取るチャンスはあるのではないか…とこの時点では思っていました。

 讃岐はさらに馬場に代えてDFのユンソンホを投入。これも疑問と言えば疑問でしたが、残り時間も少なくなってきたしパワープレーをさせるのかな、と解釈しました。ただ実際はパワープレー要員というより、単純にCBの枚数を増やした分だけ残りの選手が攻め上がりやすいようにするのが目的だったようです。また、3バックになってからの讃岐は最終ラインからのビルドアップも見せるようになりました。

 これにより讃岐が岡山を押し返します。後半40分には相手のクリアミスを我那覇が押し込み、同点ゴールをもぎ取りました。疑ってすまんかった。

 しかし逆転するまでには至らず、1-1のまま試合終了のホイッスルが鳴りました。

 

雑感

 両監督とも故障者の穴埋めや試合中のシステム変更など、やりくりが上手い印象です。あと讃岐さんて割と戦力ありますよね(笑)。エブソンと原が出ていなくても強いと思います。