BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

J2第8節(湘南ベルマーレ戦)の結果と感想

 3-3で引き分けでした。J2屈指の強豪相手に、アウェイで貴重な勝ち点1を取ったことになります。

 ただ、本音を言うと勝つチャンスがある試合だったと思うし、勝ってほしかったなぁ〜と思います。大木監督も「ここを越えて行かなければならない(強い相手にいい試合をして満足するだけではいけない)」と仰っていました。

 昨年までの岐阜が今日のような試合をしたなら超がつく大健闘と言えますが、今年のチームにはもっと多くを望んでしまいますね。ファンにそこまで期待をさせるということは、やはりチームが強くなっている証拠なのでしょう。

 以下は走り書きです。

 

スタメンは変わらず

 スタメンは前節の水戸戦から変わりませんでした。CBの組み合わせはヘニキと田森で決まりそうですね。MF陣だけで十分ボールを支配できると分かったので、CBにはそこまでパスの上手さを求めなくなったのだと思います。青木はボランチ出身なのでパスを捌くことには長けていますが、CBで使うのはちょっとロマンに偏りすぎだったかもしれません(笑)。

 

今日はちょっと違うなと思った点

  • 縦パスを入れようとする場面が前半から頻繁に見られました。それも相手の間を通すようなパスですね。ラインを割るパスとか、相手のブロックの中で受けるパスとか、言い方は色々あると思いますけど。ただ縦方向にボールを動かすだけでなく、相手が嫌がるような位置にパスを通そうと意識していたようです。狙いは非常にいいと思います。以前のパス回しよりも、相手にとっては怖さがあるはずです。ショートパスで綺麗に崩したゴールが生まれるまで、もう少しではないでしょうか。
  • また、裏のスペースを狙う攻撃も多く見られました。結果としてオフサイドも多かったのですが、効果的だったと思います。勝てない時の岐阜はだいたいこれを忘れていますね。裏抜けが狙えそうな時にショートパスを繋ごうとして、チャンスを逃してしまいます。水戸戦を観てて思ったんですが、前線の3人にロングボール蹴った方がたぶん相手は嫌ですよね(笑)。 難波・古橋・パウロはみんなロングボールを受けるのが上手な選手なので。駆け引きでマークを外して受けるとか、スピードでスペースに抜け出して受けるとか、トラップの上手さで足下に収めちゃうとか、タイプは違いますが。
  • ちなみに、前半にあまり良くないなと思った選手は福村です。ボールロストが多く、調子が良くないように見えました。後半に見事なゴールを決めてくれましたが。
  • パウロがパスで大本を使う場面がありました。前節から増えてきた形です(水戸戦の記事に書き忘れてすまんパウロ)。2人とも突破力がある選手なので、より一層の連携に期待したいですね。大本はもうちょっとクロスが上手くなるといいかな。

 

欲を言えば……

  • 上にも書きましたが、勝つチャンスがある試合だったと思います。湘南の2点目はスーパーゴールだったから仕方ないのですが、1点目と3点目のどちらかは防げなかったものでしょうか。
  • 特に3点目は悔やまれますね。時間帯から言っても絶対に失点してはなりませんでした。大木監督が滅多にやらない守備固め(大本と阿部の交代)をしたのに守りきれなかった、というのも痛いところです。まだまだ甘いのだという事実を突きつけられるようですね。あの時間帯に「ボールを使った休憩」、つまり試合を落ち着かせるためのパス回しが出来たらよかったのかもしれません。でもそんなことしたらプレスからのカウンターでどのみちやられていましたかね…。終盤は相手よりもだいぶ運動量が落ちているように見えたので、逆転されなくてよかったと考えるべきなのでしょうか。はてさて。
  • 1点目はアンドレ・バイアをどう止めることになっていたのか、よく分かりません。最終的に競り合って負けてしまったのは福村なのですが、最初にバイア付いていたのは大本のようにも見えます。ジネイには田森が付いており、ヘニキはゾーンで守っている?ようです。私は実のところセットプレーを分析するのが苦手なので(選手が見分けられない・笑)もうちょっと勉強します。アンドレ・バイアの落としに対する菊地の反応の速さを褒めるべきなのかもしれませんね。

 

 次節はアウェイでカマタマーレ讃岐と対戦します。湘南に3-0で勝っている相手なので、決して侮れません。今日の試合から問題点を洗い出し、万全の準備で望んでほしいものです。