読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

ブログ運営2ヶ月

 4月11日をもって、ブログ開設から丸2ヶ月が経過しました。2ヶ月目の反省を書き綴ってみましょう。

 

全体的な感想

 「続ける」ことは出来たけど、中だるみしていたかなと思います。

 

目標の達成度を振り返る

1. 週に1回ほどのペースでサッカー観戦の記事を書く。

 これは出来ています。FC岐阜の試合について毎試合プレビュー・レビューを書きました。ただ、実は書き方がだんだん適当になっています。もちろん手を抜こうとは思っていないし、決して「嘘でもいいから記事をアップしとけ」なんて考えているわけではありませんが、情報をチェックしきれずに書いていることが多いです。開幕から時間が経過するにつれてどんどんクラブや選手に関する情報が溢れてくるし、チェックすべき試合も増えていくので、全部を頭に入れることは出来ません。それは当然と言えば当然のことです。

 ですので、読者の皆様もあまり当ブログの内容を鵜呑みにせず、情報は自分でチェックする姿勢を持たれた方がいいと思います。

 

2. 週に1回ほどのペースで本の感想を書く

 出来てません。だいたい2週間に1回くらいのペースになってます。まだまだ感想を書くことに慣れていないので、時間がかかってしまいます。「どうまとめればいいか」を模索している状態です。

 というか、そもそも読書時間自体が減っています。これも当然と言えば当然のことですね。1日は24時間しかないので。DAZNを観たりブログを書いたりしていると、なかなか読書に充てる時間が残りません。まして私は速く読むことが出来ませんので、読書時間が減ればそのまま読書量がガクンと減ります(しかもインプットが遅いのに加えて、年齢とともに「忘れるスピード」が上がっています)。

 ただ、ここ1週間くらいの間に「読書をしないと自分の文章が下手になるな」という感覚を抱き始めています。

 読書の効用は情報を得たり楽しんだりすることだけではありません。「質の高い文章に触れる」ことも非常に重要な効用だと思います。日頃から良質な文章に触れていれば、それだけ文章に対する感覚が鋭敏になります。読書が文章力を直接的に引き上げてくれるわけではありませんが、「文章力を伸びやすくするもの」いわゆる「センス」を作ってくれるとは言えます。

 逆に言うと、定期的に読書をしなければ文章に対する感覚がどんどん鈍くなっていきます。すると「量を書いても上手くなりにくい」つまり「センスが悪い」状態に陥ってしまいます。これは私の主観的な感覚なので、他の方に当てはまるかどうかは分からないのですが。

 というわけで、記事を書く時間を減らしてでも読書時間を取った方がいいのかもしれません。思案中です。

 

3. 『新しい文章力の教室』を意識して記事を書く

 正直に言って、出来てません。全然出来てません。この1ヶ月間、沢山の記事を書けたのはよかったと思いますが、推敲の時間はあまり取れませんでした。文章を「書く」のに精一杯で、「直す」「磨く」という作業まで達していません。特に『新しい文章力の教室』で言うところの「構造の繰り返し」は何度も犯していると思います*1。文末の音も多様性がなくて単調になっていたのではないでしょうか。

 上にも書きましたが、読書をしないと文章はどんどん下手になっていきますね。やはり「自分より上手い人の文章に触れる」ということが大事なのだと思います。

 ま、*2量と質は同時には追求できないので、片方を交互に意識していけばいいかな、とも思いますが。今月は量を意識して書く月だったということなのでしょう。

 

おまけの目標. 収益化

 ブログ開設以来、初めてamazonからの紹介料収入が発生しました。金額を問わず「収益を得る」ことが目標でしたので、一応これで目標達成となります。別に「こうやれば稼げる」とか語ることはありません(できません)。親切な人に小銭を恵んでもらったようなものです(笑)

 

新たに始めたこと

1. ブログのマスコットを作った

 最近の大きな動きと言えば、まずこれですね。友人の協力を受け、無事に当ブログのマスコットキャラを公開することが出来ました。

 「マスコットを作りたいな」という願望はかなり初期の段階から持っていたものです。それをいつ実行に移そうかなぁと考えていたのですが、だんだん記事数が増えて当ブログの体裁も整ってきましたので、この辺りでやってみることにしました。

 なぜマスコットを作りたかったかというと、好きなブログを真似したかったからです。ただ、それだけです。「稼げそうだから」真似するとか、そういうことではなく(それも少しはあるけど)、単純にそのブログが好きだったのです。だから「自分もああいうことがしたいな」と思っていました。子供が芸能人やスポーツ選手に憧れるのとそう変わりません。私の思いつきに付き合ってキャラクターのデザインを考えてくれた友人には感謝、感謝です。

 まあマスコットを作ったとは言っても、そこまで詳細な設定は決めてません。今のところ決める必要もないと思います。また、記事の中で使いすぎないようにしたいとも考えています。そういうのは一歩間違えると「くぅ〜疲れましたw*3」になってしまいますからね。本文の後にちょこっと喋らせるくらいにするつもりです。

 

2. ツイッターアカウントを作った

 これも大きな出来事でした。ただ、マスコットを作ったのが(一応)計画的な行動だったのに対して、こちらはまったく予定になかったことです。友人と会話していて「やっぱりツイッターで告知するのが定番らしいぞ」ということになり、その場のノリで(ぉぃ)アカウントを作ってしまいました。

 流石にツイッターの持つ「拡散力」は絶大なもので、読者登録してくださる方は一気に増えましたし、新しい記事にはコンスタントにスターが付くようになりました。

 ただ、正直なことを言うと戸惑っています。ツイッターを使うだけでこんなに集客ができる(あくまで当社比ですが)とは思っていませんでした。これからどうやってツイッターを活用していくのか、いま一度ゆっくり考えたいところです。

 なお誤解のないように付け加えておくと、FC岐阜サポーターの方々が私のアカウントをフォローしてくださったことには大変嬉しく思っております。ありがとうございます。

 

今後の目標

 数値目標ではなく単なるかけ声ですが、一応挙げておきます。

 ……要するに、試合のないミッドウィークにどうするかが大事ですね。記事を書くのか、読書をするのか。それは記事の数を目標にするのか、質を目標にするのか、ということにも繋がります(数を求めるならどんどん記事を書く。質を求めるなら読書をして上手い人の文章に触れる)。

 

 

 

*1:例えば「〜であるため……です」という文型がずっと続くとか。あるいは「〜ですが……です」が続くとか(この脚注も「続くとか」が続いているなぁ)。

*2:「ま、」とか「まあ」というのは私の口癖で、いつも記事の中で連発してしまっている。これも「構造の繰り返し」だ。

*3:知らない人はググってください。