読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

「Jスタ」アプリを入れてみました

 何度も書いてきたことですが、私はデータサイトとしてフットボールラボをよく利用しています。だけどこのところJリーグスタジアム通称「Jスタ」もいいよ、という評判が耳に入ってきました。

(参考リンク)

サッカーをデータで楽しむ | Football LAB[フットボールラボ]

Jリーグスタジアム

 というわけで、試しにJスタ閲覧用のアプリを入れてみることにしました。ちなみにAndroidではなくiPhoneです。

 

データは充実

 Jスタではチームや選手個人のデータを掲載しています。詳細なデータを扱うコンテンツ「Stats Stadium」の利用には課金が必要です。しかしパス数・ドリブル数・CBI数*1・セーブ成功率は無料で見ることができるので、これらを眺めるだけでも十分楽しめます。

 例えば「うひょーパス数ランキングは我が岐阜が独占してるぜ」とか「その中でもやっぱ庄司は頭一つ抜けてるな〜」とか「なんで岐阜のドリブル数こんなに多いんだ?→ああ、パウロがドリブルしまくってるのか」とか…。

 それから、「CBIランキングじゃ岐阜の選手は下の方だな」という発見もありました。「攻守の切り替えを早く。ボールはすぐ奪い返す」というチーム戦術もあって、今年のFC岐阜は割とよくボール奪取に成功しています。だからCBIの数字も高いかなと思ったのですが、それほどでもありませんでした。インターセプトがそこそこある反面、クリアが物凄く少ないせいでしょう*2

 なぜクリアが少ないかと言えば、大きくクリアすることよりも出来るだけ自陣からパスを繋ぐことを目指しているからです。つまり、パス数の多さはCBI数の少なさと表裏一体。「ボールを持ったらどう攻めるか」という攻撃面のスタイルを、守備指標からさえも読み取ることができます。あらためてサッカーというスポーツは攻防不可分なのだと実感しますね。

 まあそんなわけで、Jスタのデータを見るのはなかなか面白いです。印象をあらためてまとめてみますと

  • 「量」ではさすがにデータ特化型サイトのフットボールラボに劣るが、攻守両面の基本的なスタッツは見られる。選手やチームの特徴を把握するには十分。
  • むしろフットボールラボのデータは細かすぎて「観戦の合間に気軽にチェックする」には向かない(笑)。試合を観ながらスマホでポチポチやるにはJスタアプリの方がいい。
  • なお上記はJスタの無料コンテンツとフットボールラボを比較した話。有料で見られる「Stats Stadium」はフットボールラボに負けず劣らず細かいよう*3。 

 …という感じです。お金を取るに値するだけのクオリティは期待できるでしょう。そのうちノリで(ぉぃ)課金するかもしれません。

 

 一番の関心事だった「データ」についての感想はこれで終わりです。それ以外の機能について感じたことを以下に記します。

 

おすすめクラブ・選手診断

 いくつかの質問に答えていくことでおすすめのJ1クラブ・J1所属選手を導き出してくれます。心理テストみたいなものですね。J2版の診断がないのは「J2をわざわざ応援するような奴は故郷のクラブを応援してるに決まってる」ということなのか、単純に需要がないせいなのか(笑)、はてさて…。

 私がやってみたら、おすすめクラブは柏レイソルになりました。表示されたコメントを読むと、どうも私は「若い選手が好き」と判断されたようです。どうでしょうかねそれは。どっちかと言うと⚪︎リコンかもしれないけど…ってそれは違うか。

 ちなみにおすすめ選手は楢崎正剛でした若くねぇよ! ていうか今年はJ1所属選手じゃないだろ! コメントを見るに、どうも私の性格が「一歩引いた所からものを見る」「意識高い系」と判断されたようです。だからゴールキーパーという特殊なポジションを務める選手が表示されたのでしょう。まあその診断は当たっていると言えば当たってるけどさぁ…。あ、楢崎さんのことは偉大な選手だと思ってますよ。第2節には古橋のシュートをナイスセーブされたし。ちくしょー。

 

toto予想コラムが面白い

 勝敗予想コラムのコーナーもあります。toto購入者が参考にするためのものですね。これがなかなか面白いんです。

 いや、面白いっていうか可愛い。コラム執筆者の名前は明示せずに、架空のキャラクターが書いたという体裁をとっているのですが…そのキャラクターが可愛い

たま子とか、キックとか、まいまいとか。特にたま子ちゃんとキックくんの耳をスリスリしたい。どんな手触りかな? もふもふかな…?(*´-`)

 ケモナーの素質がある方は是非ともJスタのtoto予想コラムを見てみて下さい。キャラクターのかわゆさだけ味わいましょう。totoなんてどうせ当たらないから予想しても無駄ですよ(ひどい)

 

スタジアムガイド・ファンクラブガイドもある

 観戦マナーや各スタジアムへのアクセス等の情報も載っています。このコーナーは凄くいいと思います。「スタジアムに行ってみようかな」と思った方が次の一歩を踏み出しやすくなりますねJリーグのファンを増やすためには、こうやって「観戦のハードルを下げる工夫」がまだまだ必要ではないでしょうか。

 

最後に

 ちょっと強引な比較になりますが、フットボールラボとJリーグスタジアムの違いをまとめてみます。

  • 「データオタク」向けに極限まで特化したサイトがフットボールラボ
  • 「スタジアムに行くファン」を対象としている、あるいはそういうファンを増やそうとしているサイトがJリーグスタジアム

 …とまあ、このような印象を受けました。しかし前者がダメで後者は良いと主張したいのではありません。重要なのは両者ともしっかりとしたコンセプトを持っているということです。方向性は異なっても、両者とも見事にサッカーの魅力を伝えていると思います。読者の皆様も、自分の需要に合わせて是非どちらかを利用してみて下さい。

*1:私も知らなかったのだが、「クリア・ブロック・インターセプト」の合計数をCBI数と呼ぶ。守備での貢献度を測る指標。

*2:ただし、個人CBIランキングで上位に入る選手がいないものの、チームCBIは22チーム中8位。全員で満遍なくインターセプトをしているおかげ、ということなのだろうか。

*3:負けず劣らずというか、Stats Stadiumとフットボールラボは制作会社が同じらしい(データスタジアム株式会社)。