読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

DAZNでグラナダ×バルセロナ

 今月からDAZNでスペイン1部リーグの試合も観られるようになりました。たまには近場のJ2ばかりでなく海外サッカーを観て、様々なこと吸収したいなと思います。今回はバルセロナの試合をチョイスしました。

 

バルセロナのビルドアップ

 言うまでもないことですが、バルセロナは最終ラインからボールを繋ぎます。もう世界中に広まったし、世界中に亜流を生んだやり方です。私が応援しているFC岐阜も、かなり愚直に最終ラインから繋ごうとするチームでしょう。

 ではフォロワーたちと本場バルサが違うのはどんなところでしょうか。私が真っ先に感じたのは「えっ、CBはそんなに開くの」ということでした。2人のCBにGKを加えた3人で、ピッチを横幅一杯まで使っているようなイメージです。

 パスコースを作るためにCBを横に開かせること自体は日本でもやっているクラブがありますが、こんなに大きく開かせることはない(できない)と思います。遠くまで強く正確にボールを蹴れるからこそ、CB間の距離を広げることができるのでしょう。

 これはCBに限らない話ですが、日本の選手はやはりキック力か精度かの二択になってしまいます。遠くまで蹴ろうとすれば精度が落ちるし、精度の高いパスを出そうとするとどうしても勢いの弱いボールしか蹴れません。だからサイドチェンジやカウンターに時間がかかり、展開が遅くなってしまうのでしょうね。

 

スアレス半端ないって

 これも言うまでもないことですが、現在のバルセロナはフィニッシュの局面で前線の強力なFWに頼るようなサッカーをしています。ショートパスで最後まで崩し切るようなサッカーは(かつてほどには)目指していません。

 この日はスアレスへのスルーパスを攻撃のファーストチョイスにしているようでした。「あの」バルサでも基本は裏抜けなのですね。強力なFWがいるならば手数をかけずに決めるのが一番早い、ということなのでしょう。メッシが出ていればまた違ったパターンで攻めるのかもしれませんが(メッシは出場停止中でした)。

 この日のスアレスは端的に言って「無敵」でした。相手DFを背負える、裏に抜けられる、こぼれ球に詰められる、ループシュートを狙ったり味方へのスルーパスも出したりもできる……と、手が付けられません。解説の三浦俊也さんも「足元でも裏のスペースでも受けられるから止められない」「ファールで止めるしかないんじゃないか」と仰っていました。

 前段と同じ話になってしまいますが、JリーグのFWはやはり「どれか」しか出来ません。相手を背負ってプレーできるけど足元が下手とか、裏に抜けるのが上手いけど激しく当たられたらすぐボールロストするとか、足元がいくら上手くても動かないからパスを受けられないとか。スアレスは全部できる上に、常にこぼれ球に反応してたり味方にラストパス出したりするので、もう半端ないですね(笑)。あんなんできひんやん普通!

 ああそうか、こうやって一人で何でもできるFWがいないから、Jリーグではワントップよりもツートップを採用するチームが多いんだ。と、納得してしまいました。 

 

グラナダの印象

 グラナダバルセロナのビルドアップを妨害するために、高い位置からプレスをかけてきました。これも世界中でよく見られるようになった戦法だと思います。

 グラナダの場合はそれに加えてロングスローを投げられる選手がいました(名前は失念)。それによって「まずハイプレス→ボールを奪えればよし。奪い切れなくても高い位置でスローインを得られればロングスロー」という二段構えの作戦になっていたようです。

 私が抱いた印象は「プレスに来るグラナダのFWも上手いな」ということです。競り合いの中のちょっとしたボールタッチを見ていて「ああ足元が上手いんだなぁ」と感じます。日本だとどうしてもプレッシングは下手な選手のアピール手段になってしまうし、「一生懸命プレスするFW=泥臭い(褒め言葉)」というイメージが付いて回りますが。やはりスペイン1部ともなれば「プレスはサボらなくて当たり前、足元は上手く当たり前」の領域に入るのでしょうか。

 それからグラナダのGKオチョアがかなり好調でしたね。ビッグセーブでバルサのシュートを止めまくっていました。スアレスが半端なかったのと同じくらい、オチョアも半端なかったです。最終的にグラナダは4失点を喫してしまうのですが、それはオチョア一人の責任ではないでしょう。

 

激しさ。その理由は

 グラナダが積極的にプレスをかけてきたこともあって、全体的に荒いプレーが目立ちました。これは「さすがに海外リーグは球際の激しさが違う」などと褒めるべきなのでしょうか。見解が分かれそうです。

 ただ、激しい接触プレーの是非はともかくとして、選手たちが「後ろにズルズル下がらない」のは確かだな、と感じました。海外サッカーファンの皆さんは口を揃えて「Jリーグの守備はズルズル後ろに下がるだけ」と言いますが、それは確かに当たっているようです。海外に比べて差がある部分だなと思います。

 結局、一対一で抜かれない自信があるから相手との距離を詰められるし、相手の動きを最後まで見られるからシュートブロックできる、ということなんでしょうね。Jリーグのディフェンスにおいてはこれが逆になっていて、一対一で抜かれるから前に出られないし、相手の動きを最後まで見られないから安易にスライディングしてかわされてしまう、ブロックできずにシュートを撃たれてしまう、ということなのでしょう。