BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

第6節(町田ゼルビア戦)の結果と感想

 

 岐阜は1-0で勝利することができました。これが今シーズンの初勝利です。接戦でしたが、選手たちは集中力を切らさずに何とかリードを守り切ってくれました。

 大木監督も試合後のインタビューで「(あまりいい内容の試合ではなかったが)最後までやったということ(が勝利に繋がったのではないか)」と言っていました。カッコ内は私の妄想ですが。*1監督がいつも言っている「90分プレーし続けよう」の精神が、小さな実を結んだのではないでしょうか。

 以下は雑感です。

 

スタメン発表でまたビックリ

 今日は田森がCBとしてスタメンに名を連ねていました。入れ替わりに、開幕から5試合続けてCBのレギュラーだったヘニキがベンチに下がっています。

 ヘニキは不動のレギュラーになるかと思っていたので、意外に感じました。本職はMFなので判断力に不安もありますが、一対一での強さ、空中戦の強さはJ2なら上位レベルだと思います。彼を外して青木と田森をCBコンビにしたら、最終ラインの高さや強さが不足するのではないか。……と、試合前は心配していました。

 

 なおFWは難波、右SHは山田が前節に引き続きスタメン出場。風間、田中パウロはベンチスタートとなりました。これも驚きと言えば驚きですかね。風間を右SHに入れてくるパターンもあるかなと思ったのですが。

 

序盤は町田ペース

 「ピッチを狭く使う」チーム同士の対戦は、開始早々から町田が優位に立ちます。岐阜は選手間の距離を縮めてパスを繋ごうとしますが、町田もそれにつき合うように密集してプレスをかけに行きます。これにより、岐阜は思うようにボールが回せません。プレビューに書いた通り、「大木サッカーがクローズ戦法で殴り返される」展開になってしまいました。

 町田は戸島のヘディング、中島のペナルティエリア内からのシュート等、立て続けに決定機を作ります。中島のシュートはGKビクトルがクリアしますが、それが岐阜のSB福村に当たって危うくオウンゴールとなるところでした。正直、あれは入ったかと思いました。もしあの時間帯に先制されていたら、その後の展開は随分と違ったものになったでしょう。今日の岐阜にはツキもありました。

 

その後は膠着

 10分ほど経過すると町田の勢いは一段落します。岐阜はパスでプレスをかわせるようになり、ポゼッションして相手を押し込むことに成功します。いつものサッカーです。以後、終盤に町田が猛攻を見せるまで概ね岐阜ペースで試合が進んでいきます。

 いつも通りのショートパス祭りを始められたのはいいのですが、なかなかシュートに持ち込めません。ま、それも含めていつも通りの岐阜のサッカーかもしれないのですが……(笑)。サイドの奥深くにボールを運んでもクロスを上げられない、というのもいつも通りでしょうか。

 

決勝点は古橋→難波

 後半に入ると岐阜も決定機を作り始めます。庄司のグラウンダーのクロスに山田が飛び込んだ場面、ロングカウンターを仕掛けて山田がシュートした場面、等です。山田はこのどちらかを決めてくれないようだと、ちょっとレギュラーの座が危ういかもしれません。61分には彼に代わって田中パウロ投入と相成りました。

 いくつかの決定機を外し、嫌な流れになるかと思われた71分。ファウルを受けた福村が素早くリスタートし、古橋へスルーパス。それを受けた古橋がドリブルで左サイド奥深くに切り込みます。 奥山に当たられて一度体勢を崩しかけるも、持ち直して再びドリブルを開始。ゴール前に低く速いクロスを入れると、それを難波がヘディングで流し込み、待望の先制点が生まれました。

(追記:古橋を止めに来たのは奥山かと思っていたのですが、違うようです。深津でしょうか)

 シュートはちょうどキーパーの頭上を越えるコースに飛びましたが、これは難波のテクニックのおかげでもあるし、運もあったでしょう。やはりクロスを上げれば何かが起こるし、上げなければ相手にとっても怖くないのだと思います。

 なお古橋にとってはこれがプロ初アシストとなりました。おめでとう! 

 

初めてのクリーンシート

 今日は今季初勝利を挙げただけでなく、今季初めて無失点で試合を終えることができました。いわゆるクリーンシートです。

 結果だけを見れば、プレビューに「町田に2点は取られる」なんて書いたのは大外れでした(笑)。ただし町田はこの試合で6本も枠内シュートを放っており、攻撃に迫力がなかったわけではありません。岐阜が無失点で済んだのは、GKのビクトルがナイスセーブを連発してくれたおかげだと思います。

 ビクトルは前節から完全に覚醒していますね。足元がどーのこーの守備範囲がどーのこーの以前に、GKとして最も基本的な「シュートを止める」能力が優れています。

 開幕前は「GKにも足元の技術を求めるからってスペイン人獲るとか安直すぎじゃね?」とか「こいつぜってー地雷だわ」とか思っていました。正直すまんかった。

 

 次節は久しぶりのホームで水戸ホーリーホックと対戦します。シーズン初勝利に続いて、ホームでの初勝利と行きたいところですね。

 

【関連記事】

*1:「最後までやった」と言ったのではなく、喜びの言葉としての「やったー!」だったのかな?という気もします。