BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

第5節(東京ヴェルディ戦)のもうちょっと真面目な感想

 ……というわけで夕食を摂ったら少し落ち着きました。悟りを開けそうな気分になっていたのは、単に空腹で頭がボーッとしていただけかもしれないですね(ぉぃ)。

 では、第5節の試合についてもう少し真面目に書いてみましょう。

 

スタメン発表の時点でビックリ

 前節のスタメンから風間宏矢、田中パウロ淳一が外れ、替わって難波宏明山田晃平が入りました。風間はベンチにも入っていません。

 田中パウロはともかく、風間の名前がないのを見た時には驚きました。風間はここまで得点こそ挙げてないものの、攻守に渡ってかなり走ってくれていましたし、プレースキッカーも務めていました。彼の役割が「偽9番」であることは明らかなので、ゴールがないことを批判するのは当たらないと思います。それがいきなりベンチ外になるという事態には、軽く衝撃を受けました。※その後に入った情報によると、風間は臀部を怪我した流(腰痛?)とのこです。

 代わって入った選手たちについてですが、難波を入れたのは単純に得点力に期待してのことだと思います。山田を入れたのは大本とのコンビネーションで右サイドを突破するためでしょうか(前節のパウロは大本との連携がいまいちでした)。

 

工夫は見えた前半

 前半の攻撃には工夫が見られたと思います。前節との最大の違いは、やはり最前線に難波がいることでしょう。彼がいてくれるおかげで、サイドからクロスを上げる(あるいはグラウンダーのクロスを入れる)という選択肢が増えました。

 実際に上げたクロスの本数はそんなに多くなかったのですが、攻撃の手段が増えるということ自体が大事です。複数の攻撃手段を持っていてこそ、敵の守備陣を前後左右に振って隙を生み出すことができるのです。その少ないクロスから決定機を何回か作ったので、難波の働きは悪くなかったと思います。

 もう1つ印象に残ったのは、青木がロングフィードを蹴っていたことですね。両サイドの裏のスペースを古橋と山田が狙い、そこに青木が長いボールを入れようとしていました。狙いは非常に良いと思います。

 これには二重の意味で効果が期待できます。1つは「岐阜は最終ラインから細かく繋いでくるぞ」と思っている相手の裏をかくこと。もう1つは庄司やシシーニョに頼らなくても前線にボールを送る経路ができることです。今日はゴールを生むまでには至りませんでしたが、これからも試みていく価値のある攻撃パターンだと思います。

 

後半はやられた

 前半は無得点ながらまだ希望を感じさせる内容でしたが、後半は正直、スコア以上に圧倒されていたと思います。大木監督は前節の試合後に「今までで一番悪い内容だった」と言っていましたが、今日の後半の方が悪かったんじゃないかな、という気がしますね。

 端的に言うと、ボールが持てませんでした。運動量が目に見えて落ち、大木流の「素早い攻守の切り替え」でボールが奪えなくなりました。東京Vの選手たちが息を吹き返したようにパスを回し始めたのが印象的です。

 細かい数字は確認していないのですが、おそらく後半のボール支配率は40%くらいしかなかったのではないでしょうか?*1 別にボール支配率という数字自体には高いから良いも低いから悪いもないのですが、岐阜のような極度にポゼッション志向のチームが相手よりもボールを持たれることは「完敗」を意味します。自分たちの長所であるはずの部分でも相手に上回られたということです。あれだけボールを奪われたのに1失点で済んで良かったな、というのが率直な感想です。

 なぜそうなったかと言えば、根本的にチーム設計が違うからでしょう。ロティーナ監督が「効率的に走るチーム」を志向しているのに対し、大木監督は「すぐ走るチーム」を志向している感じですね。どこかの街にあった「すぐやる課」みたいな(それは違うか)。

 もちろん「差異」は「優劣」ではありません。チーム設計が「違う」からといって、それは直ちに「大木監督がロティーナ監督より劣っている」ということを意味しません。どんなやり方でも、要するに勝てればサポーターは喜ぶのです(笑)。あるいは「勝てなくても内容の素晴らしさに感動する」ということだってあるかもしれません。いずれにせよどんなサッカーのやり方でも観客を喜ばせることはできるのであって、やり方自体に優劣はありません*2

 ま、大木さんは頑固な監督なので、我々にできるのは「何とか大木流で1年戦い抜いてくれ」と祈ることだけですね。

 

そして、この先は…

 正直、今のFC岐阜は評価が難しいと思います。過大評価にも過小評価にもなりやすい状態です。

 昨年までのように「そもそもどんなサッカーがしたいかも分からず負ける」ということはありません。何がしたいかは分かりすぎるほど表現されています。ですから、その点だけを見れば進歩です。大進歩です。FC岐阜が好きな人ほどそれが分かりますから、「昨年とは違うぞ!強くなったぞ!」と喜んでしまいます。

 反面、5試合で勝ち点2しか取れていないのも事実です。最近になって興味を持った人に「強くなったって聞いてたけど全然大したことないじゃん」と思われるのもまた、仕方のないことでしょう。

 ちなみに、私はどちらかと言えば「勝った試合がいい試合」「勝つサッカーがいいサッカー」と考えるタイプの人間です。「負けたけどいいサッカーしてたよ」式の擁護の言葉は、本来なら嫌いです。ただ、大木監督のサッカーにはロマンがあるとは思いますし、見ていて楽しいサッカーをしているとも思います。贔屓目を抜きにしても、エンタメ性の高さではJ2屈指ではないでしょうか? これをもっと多くの岐阜県民に見てほしい」というのもまた、嘘偽りのない私の気持ちなのです。

 差し当たっては「勝ててないけどまだ慌てなくていいかな」と考えています。開幕前に監督が掲げた一桁順位という目標は、まだまだ十分狙えるものだからです。

 

【関連記事】

*1:実際にはそんなに低くなかった。やはり人間の目は当てにならない。特に贔屓チームを見る時の目は(笑)。

*2:前の段落が大木監督を批判するような文章に読めてしまったので、この段落を追加しました。