BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

第4節(横浜FC戦)の結果と感想

 1-2で逆転負けを喫し、またしても今シーズン初勝利はなりませんでした。以下走り書き。

  • 前節の反省を活かしたのか、前半はパス&ゴーが活発だった。どんどんペナルティエリアの中でもパスを受けてやろう、コンビネーションで崩し切ってやろう、という意図が見えた。実際にPKを獲得することができ、先制点を挙げている。
  • 最後の10分くらいになってから急に沢山クロスを上げ始めたけど、やるなら最初からやろうよ(笑)。結局それやってる時が一番点を取れそうだし、相手も嫌がるはず。以前にも言ったけど、やっぱり「サイドをえぐってクロス」は1つの様式美というか、シンプルにして防ぎにくい攻撃だ。戦力があるチームもないチームも得意にできるパターンだと思うんだけどなぁ…。
  • 田中パウロの代わりに田森を入れて大本を1列上げる、という意図は分かるが、肝心の田森がパスやクロスをミスしていた。正直、今日の田森は良くなかったと思う。でもパウロもそこまでチャンスは作れてなかったから、結果論なのかな。
  • パウロは一回だけスルーパスで大本を使うような場面があった。ああいう風に味方を使えるようになれば、もっと相手の脅威になれる。今はドリブル以外の選択肢がほぼないから、相手としても読みやすいのだろう。
  • 青木を下げて山田を入れたのはどのような意図だったのだろう。青木の代わりに田森がCBの位置に入るというのは分かったが、じゃあ山田はどこに入ったつもりだったのだろうか。ちょっと、右サイドで山田と大本がダブついているように見えた。 ※後になって思えば、長崎戦の終盤でやったような「捨て身系3バック」だったのかもしれない。最終ラインは福村・ヘニキ・田森の3人。前線は山田・大本・難波・古橋の4人。
  • その後ヘニキが上がってきて右サイド高くに位置を取ったので、ますますよく分からないことに。ヘニキはどうせ上がるなら中央でクロスのターゲットになった方がいいのでは? ヘニキがサイドでクローズ戦法やってどうする。
  • 庄司とシシーニョの2人は十分凄いのでこれ以上を望むのは酷かもしれないが、もうちょっと「自分でシュート撃つパターンもあるぞ」と相手に見せた方がいいんじゃないかな…。でもそれはファンの高望み、強欲というものだろうか。
  • 横浜FCは最初の30分くらいまでなかなか連動してボールを奪いに来ず、イバがちょっと来るくらいだった。正直「これは楽な相手だ」と思ってしまったほど。しかし前半終了間際からだんだんプレスがかかり始め、以後は岐阜に有効な攻撃をさせなかった。どうも岐阜は両CB間やCB・SB間のパスを狙われていたようだ。「大きくクリアせずに近くの味方に渡そうとする」と完全にヤマを張られていたのだろう。
  • 「序盤に頑張ってプレスをかけても以後失速する」というのは非常によくあるパターンだが、今回の横浜FCのように「試合の途中でプレスがかかりだす」という光景はあまり見ないような気がする。いや、結構あることなのかな。ともあれ中田仁司監督は優秀だなと思う。過去の記事にも書いたが、相手に合わせた作戦が採れる監督だ。
  • 「カズはスタメンを外れるのでは」という予想は一応、当たった。そもそもベンチにも入らず、岐阜遠征に同行していなかったよう。開幕からスタメンが続いていたのでここらで休養日ということだろうか。
  • そのカズ見たさのためか、1万人を超えるお客さんが来ていた。まああんまり書くと愚痴になっちゃうからやめるけど、行き帰りのシャトルバスに乗るだけでメチャクチャ疲れたとだけ記しておく。アイスタでの観戦記に「J1の試合は帰宅の難しさもJ1級」と書いたけど、それがフラグとなったのだろうか(笑)、この日の岐阜の試合もJ1並に帰宅困難だった。やったぜ、岐阜もJ1級だ!(?)

 

(後日追記)↓ おぶさパーク駐車場から見た長良川の写真です。

f:id:buhix:20170406045130j:plain

 試合会場併設の駐車場がすべて埋まっていたため、仕方なくここに車を停めました。FC岐阜の試合を観に行って「混みすぎて車を停められない」という状況に陥ったのは初めてでした。写真からは岐阜の田舎ぶり緑の多さを感じて下さい。

 

【関連記事】