読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

第3節(松本山雅戦)をあらためてレビュー

 第3節の映像を観直してみました。以下、雑感です。

後半も松本ペースだった

 現地で観ていた時、後半は松本がペースダウンして岐阜が押しているように感じました。しかし、そうではなかったようです。疲れてペースが落ちたのではなく、リードしているから引いてカウンターを狙ったのでしょう。

 長身FWの高崎を下げたことには少し驚いたものの、代わって入った山本大貴は見事なカウンターを仕掛けていました。この速攻には、はっきり言って前半の松本の攻撃よりも怖さがありました。岐阜が前がかりになるところを狙ったドンピシャの交代ですね。完全に反町監督のゲームプラン通りに事が運んでいたという印象です。

 

決勝点は松本が上手かった

 映像を観直してみると、松本の得点はかなりのファインゴールです。少なくとも私にはそう見えました。

 FKを直接ゴール方向に蹴らず、一旦センターサークル付近に戻す→タイミングをずらしてゴール前に放り込む→ヘディングで落とす→ボレーでシュート…という一連の流れが全て好プレーです。かなり練習してきたパターンなのでしょう。松本のセットプレーが高練度であることを褒めるべきではないでしょうか。中断直後のプレーだったから云々というのはあまり関係ない気がします。

 

団子状態を相手ゴール前で作れればよかったのだが…

 ユニフォーム問題についてはもう色んな所で散々書かれていると思うので、私が新しく付け加えられることはありません。ただ、映像を観直した限りでは前半の岐阜がそんなに悪いようには見えませんでした。

 確かに攻めあぐんではいるのですが、それは松本の帰陣が早いせいなのかユニフォームのせいなのか、素人の目ではよく分かりません。少なくとも、ビルドアップの段階から素人目にも分かるほどパスミスを連発しているということはありませんでした。ゴールを割れなかったのは相手の帰陣が早いから、あるいは単に工夫が足りなかったからではないでしょうか。

 欲を言えば、見分けにくいユニフォームを逆に利用するくらいの逞しさが欲しかったなぁ〜と思います。見分けがつきにくいのは相手も同じなのですから、もっとゴール前の混戦を作り出せれば相手のミスから得点が奪えたかもしれません。

 理想は大木サッカーの特徴である「密集&ショートパス」で中央を崩し切ることです。そうすれば勝手に混戦になりますから。それが無理だとしても、PA内に入ったらどんどんシュートを撃ってこぼれ球に詰めるとか、色々とやりようはあったはずです。

 結局、「もうちょっと中央をコンビネーションで崩せるようにならないと相手は怖くないよ」といういつもの結論に通じますね。別の言い方をするなら「いつも中盤でやってるような団子状態でのパス回しを、もっと敵のゴール近くで出来るようにならないと」ということです。

 

夏までもつのか少し心配

 監督の方針もあって、今年のチームは全体的に運動量が豊富です。それ自体は素晴らしいことですが、夏場にもこの運動量が維持できるかは若干気がかりです。岐阜県の美濃地方は暑いですからね*1

 特に古橋、風間、永島あたりはよく走っていると思います。風間は前節で足が攣っていたし、永島はこの試合で途中交代する時に疲れ切った顔をしていたし。古橋なんてボックス to ボックスどころかゴールライン to ゴールラインですよ(笑)。猛ダッシュで敵陣サイド奥深くに抜け出したと思ったら、自陣ゴールライン付近まで戻って相手のクロスを邪魔したりしてます。そのスピードは素晴らしいけれど、ちょっと負担かけすぎじゃないかな?という気になります。

 じゃあ古橋に負担がかかるのは同サイドのSBである福村のせいかというと、そうとも言い切れません。福村は福村で凄くセンスのあるポジショニングをしていると思います。表記上はSBということになっていますが、ゲームメイカーの役目をしたり高い位置でカットインしたりと多彩なプレーができます。しかも一対一での守備も上手です。

 古橋と福村は個々に見ればいいポジショニングをしていても、お互いをカバーしていない、ということなんでしょうか…(例えば古橋がサイドに張っている時に福村が中央でプレーしているとか)。まあ、その辺の見方についてはまた勉強します。とにかく、今やっているサッカーを1シーズン貫けるように祈るのみです。

*1:だが大木監督は甲府や京都など暑い場所のクラブを率いて好成績を収めている。