読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

フットボールラボの疑問点

 私はサッカーが好きだけどプレー経験はないし、観戦歴も浅い。そもそも「本格的に1つのチームを観続ける」のは今季が初めてだ。

 

 そんな私がしょっちゅうお世話になっているのがフットボールラボである。日本語で見られるデータサイトの中では、おそらく最高峰だろう。データの質・量ともに充実している。選手の特徴、チームの(昨季までの)特徴を知るには本当に役に立つ。

サッカーをデータで楽しむ | Football LAB[フットボールラボ] 

  

 だがシーズンが開幕してから同サイトのデータを見てみると、どうも首を捻る箇所がある。別に自分の目で見た印象とデータが食い違っているということではない。両者は概ね一致している。例えば今季の岐阜のボール支配率は凄く高い。それは自分の目で試合を観てもそう思えたし、データを確認してもそうなっている。ヘニキのディフェンスに物凄く助けられているという点も同様だ。

 だから「誰が活躍したか。どちらのチームが優勢だったか」という大枠の部分に違和感はないのだが、データの定義というかカテゴライズの部分にちょっとだけ疑問符がつくのだ。

永島のゴールは「ドリブル」が生んだのか?

 開幕戦の永島のゴールを取り上げてみよう。この得点は「ドリブル」から生まれたことになっている*1

 読者の皆さんは「ドリブルから生まれたゴール」と聞いてどんな絵を思い浮かべるだろうか。快足を飛ばしたロングカウンターの場面や、個人技で敵のDFをかわす場面ではないだろうか。後者はまさに第2節・名古屋戦の田中パウロのゴールであった。あれならば得点パターンの内訳を出す時に「ドリブルからのゴール」と分類しても納得がいく。

 だが、この永島のゴールはどうか。私は「永島のドリブルが良かったからゴールになった」という印象は受けなかった。そもそも永島はドリブラータイプの選手ではない。シュートを撃つ前に横方向にドリブルしているのはシュートコースを空けるためであって、いわゆる「ドリブルで仕掛けている」場面とは少し違う。

 もちろん、シュートコースを空けた結果としてゴールが生まれたのだから永島の判断は正しかった。だから私は彼を批判しているわけではないのだが、データ集計の際にこの得点を「ドリブルからのゴール」と分類するのは疑問だ。悪いのは永島じゃない、分類した人だ(笑)

 

 ああ、いま気づいたけど「ゴールの直前のプレーはドリブルだった」という単なる事実と、「ドリブルが良かったからゴールになった」という価値判断混同してる俺が悪いのかな。まあいいや、ここまで書いちゃったから。

 

 このゴールについて永島を褒めるべき点は、こぼれ球に対する反応の早さとか、振りの小さいシュートフォームだと思う。ドリブルでの突破力ではない。

 じゃあそのこぼれ球はなぜ生まれたのかと言えばシシーニョがいいシュートを撃ったからだ。なぜシシーニョがシュートを撃てたのか言えばショートカウンターが決まったからだ。もっと正確に言うと、敵陣で一度ボールを失った後で、すぐにボールを奪い返したからだ

 なぜ「敵陣での奪い返し」が成功したかと言えば、選手間の距離が近く、チームの全員が攻守の切り替えに敏感だったからだ。なぜ選手たちがそうなっていたかと言えば、監督がいつも「距離を近く」「攻守の切り替えを早く」と言っているからだろう、おそらく。このブログでも再三紹介したクローズ戦法である。というわけで、要するに「大木式がチームに浸透したから生まれたゴール」だと私は思っている。

 それを「ドリブルからのゴール」と分類されたら、やっぱり「ちょっと待ってくれよ」と言いたくなるのだ。だってサイトを見た人は個人技によるゴールと思っちゃうかもしれないじゃない? チーム戦術が生んだゴールなのに。

 昨年の岐阜の得点も多くは「ドリブルから生まれた」とされていた。そのデータを元にして本ブログで記事を書いたこともある。あの時の私は完全に「ドリブル=個人技」という解釈しかできずに筆を進めていたが、もしかしたら2016年のFC岐阜のプレーを正しく捉えていなかったのかもしれない。

 

山口の先制点は「その他」?

 岐阜の得点だけでなく、相手チームの得点についても疑問を感じる箇所があった。

 山口の1点目である岸田のゴールは「その他」に分類されている*2。直前のプレーが岐阜のCB青木のクリアミスだったため、その他と分類したのだろう。

 だが、クリアミスがすぐゴールに繋がったのはそこがペナルティーエリア内だったからだ。山口がそこまで攻め込んでいたということが得点の前提なのである。

 なぜ山口がそこまで攻め込めたかと言えば、左サイド(岐阜の右サイド)の裏のスペースを突いたからだ。これがゴールの原因の8割くらいを占める。残りの2割は岸田のポジショニングが良く、クロスやこぼれ球が来てもいいように準備していたことだろう。もちろん青木のミスもあるけれど。だからこの岸田の得点を分類するなら「サイド攻撃からのゴール」とか「こぼれ球に詰めたゴール」などとするのが妥当ではないかと思う。ゴールには必ず原因があるはずなのに「その他」というのはいかにも寂しい。

 

パスCBPの価値は

 

 その他にも、今の岐阜のようにショートパスを繋ぐスタイルだとパスCBPが過大になるのではないかという疑問があるが、それについてはまた後日に書こうと思う。

 

*1:得点パターン内訳のデータから逆算している。マッチレポートのページに「どんなプレーからゴールが生まれたか」ということまで書いてくれればいいのだが。

*2:これは岐阜の失点パターン内訳から逆算。