読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHIXの日記

FC岐阜のレビューをしつつ、ニワカから成長していきます。

【感想】Jリーグが追求する「地域密着型クラブ経営」が未来にもたらすもの

ドイツ師匠との比較

 Jリーグと独ブンデスリーガの比較は面白かった。Jリーグが掲げる「地域密着」の理念はブンデスを模範にしたものと言われているけど、実は構造が反対になっている部分がある。

  箇条書きにすると

  • Jリーグでは「ホームタウン活動」として地域貢献活動を熱心にやっているが、ドイツでは同様の活動をしていない(もうクラブがあるのが当たり前だから)
  • Jリーグでは最初にプロサッカーチームがあって、それを総合スポーツクラブに発展させようとしている。ドイツでは先に総合スポーツクラブがあって、後に人気競技のチームがプロ化された。
  • ドイツでは行政がクラブ経営に関与することはない。
  • ドイツでは会員の投票でスポーツクラブの会長を選ぶ。これによって「会員→スポーツクラブ会長→サッカーチーム」という形で、会員が間接的に経営に関わっている。
  • 日本では「スポーツはお金を払ってまでしない」もの。「お金を払ってスポーツクラブに入る=贅沢」というイメージが強い。特に中高生年代の場合は無料で入れる部活動を選ぶ*1

 

 Jリーグ企業スポーツからの独立を目指しているのに、独立資金を企業に出してもらっている、という著者の言い回しは痛烈だ。Jリーグの地域貢献活動が実質的に「サッカーチームを通した企業の地域貢献活動」になっている、という指摘もその通りなのだろう。

 じゃあJリーグのやり方がいけないのかと言うと、私は別にそうは思わない。国内のサッカー史が違うのだから、プロリーグの発展の過程も違って当然だ。企業が地域貢献するなら別にいいではないか、それで。本当に地域のためになるなら主宰者が誰であろうと。「地域が一つになる」と言った時、日本では住民だけでなく企業や行政もそこに含まれるというだけのことだろう*2

 サポーターにとってはクラブが存続してくれることが一番大事だ。「ブンデスみたいな総合スポーツクラブにならないとダメだ!」と意気込んで、その結果バタバタとクラブが潰れるようなことになったら本末転倒である。

 

大学との連携は日本独自の例だというが…

 リーグの日独比較は面白かったのだが、結論(大学との連携はいいゾ〜)にはよく分からない部分もあった。著者がクラブのスタッフだった時の成功事例を宣伝してるだけじゃね?という気もするし。

 練習場所を提供してもらうとか、学生をインターンとして受け入れることで未来の球団職員を育てるとか、ユース年代の選手の進学先になるとか、様々なメリットがあることは分かるが……。

 最も根本的な部分である「地域密着」に効果があるかは不明だと思う。「大学が総合スポーツクラブ化している」と言ってるけど、そもそも学生以外の年齢層がどれくらい利用してるんだろう。「運動したいから大学の施設を使おう」っていう発想になりますかね。

 まあ、大学生くらいの年代を取り込めればファン層の若返りにはなるのかな。私の学生時代にこういう試みがあったら「うちの大学がJリーグと提携しただって?どうせリア充どもがつるんで観に行くんだろ。俺は絶対行かんわ、ケッ!」と思ってただろうけど(笑)

 

 

 

 

*1:入るのが無料なだけで、もちろん活動費はかかるが。

*2:まあ、行政は本来なら関わるべきでないのかもしれない。「税金を使うな」という言い分も分かるし。