BUHIXの日記

サッカーやJリーグについて書いたり、読書や旅行について書いたり。

DAZNで名古屋グランパス×ファジアーノ岡山を観た感想

 

(※この記事を書いた頃には まだサッカー観戦を始めて日が浅く、というか「初めて本格的に観戦するシーズン」が開幕したばかりで、大した見識もありませんでした。かなり背伸びして「分かってるフリ」をしています)

 

 印象を一言にまとめると

 名古屋は強い。

 

 攻撃面では、いわゆる「パス&ゴー」とか「トライアングルを作る」「ボール保持者を追い越す」という動きをとても律儀に繰り返していた。選手たちの意図、チーム全体の意図が分かりやすいので、観ていて非常に楽しい。

 守りも堅かった。堅い守りと言うより「速い守り」という方が正確だろうか。前線の永井・佐藤・シモビッチらが精力的にプレッシャーをかけに行き、それに合わせて後列の選手も素早くボールを奪いに来る。素人の私にも「ああ、解説者がよく言う "プレスが連動する" ってこういうことか」と理解できた。

 印象に残った選手はやはり永井。決定力は勿論のこと、プレッシング時やカウンター時の加速力が目を引いた。それからDF陣。攻撃時にはパスを繋いでビルドアップしたりドリブルで持ち上がったりするし、守備時には激しく当たって潰したりインターセプトしたりで、まあ相手とレベルが違うなという感じだった。

 

 名古屋の風間監督と我が岐阜の大木監督はともにパスサッカーをすると言われているが、風間監督の方が王道的な気がする。綺麗なサッカーだ。それに対して大木監督のサッカーが綺麗ではなく「ぐちゃぐちゃ」だということは過去の記事に書いた。

 次節はこんな強いチームとどうやって戦えばいいんだろうと思ってしまうが(笑)、奇道の大木式*1で王道パスサッカーに何とか食らいついてほしい。

 

余談

 率直に言うと、現時点でのDAZNはクソだ。特定企業を貶めるつもりはないが、本当なんだからしょうがない。動画が止まることや画質が悪いことは我慢するとしても、大部分の試合が見逃し配信で観られない不具合は擁護不可能だ。*2

 それから、機能面が根本的に不親切ではないだろうか(サイトのデザイン自体はスッキリしていて良いと思うが)。お気に入り機能とか視聴履歴から辿れる機能を付けてくれよ。

 

【関連記事】

*1:後から思ったんだけど、大木式(オオキ・シキ)って大木武(オオキ・タケシ)と見間違えやすいな。「大木流」とか「大木スタイル」という言い回しにした方が良さそう。

*2:その後、日本法人社長の名でお詫びのメールが届いた。また、どの試合も見逃し配信で観られる状態になった。