BUHIXの日記

ニワカから成長しつつ、FC岐阜やJリーグの素晴らしさを伝えていきたいなと思います。

開幕戦(レノファ山口戦)の感想

 というわけで現地で開幕戦を観てきたので、その感想。

 あらかじめ言っておくと、フォーメーションの噛み合わせ等は語ら(れ)ない。理由は「サッカーを見る眼がまだまだヘボなので、映像を見直さないと戦術的なことは分からない」というのが1つ*1。「岐阜の選手の動きにばかり注目して、山口側の動きはあまり見ていなかった」というのがもう1つ(贔屓チームの試合を観に行ったら大体そうなると思う)。そんなわけで、分析とか批評と言うよりあくまで「感想」だ。


意図はよく分かった

 大木監督の意図はよく表現されていたと思う。誰かがボールを持っている時に、別の選手が物凄く近くまで行ってパスを受ける、という場面がたくさんあった。もう、ショートパスと言うよりベリーショートパスだ。

 それでチャンスを作れた場面もあったので、悪くはないと思う。選手間の距離が近ければパスミスしてもすぐ取り返せるというのも、まあそうなのかもしれない。ただ、同じことを繰り返しすぎて相手に読まれているのかな、と思うような場面もあった。
 フィールドをコンパクトにしてボールを奪いに行く、という姿勢もよく見て取れた。こちらがボールを持っている時のディフェンスラインは常に高く保たれていた。

 しかし、それが仇になったと言うか、相手に裏のスペースを狙われていたのかもしれない。前半に喫した2失点はいずれもディフェンスラインの裏を突かれたのがきっかけだった。
 気のせいかもしれないが、前半は山口もラインを高くしているように見えた。プレス合戦で岐阜のパスを引っ掛けようとしていたのだろうか。上にも書いたが、やはりパスが読まれている時間帯はあったと思う。

 

ハーフタイムに修正したのかな、と思った点

 後半になると、長いボールを蹴ることが明らかに増えた。前半はDFラインから繋いでビルドアップすることにこだわっていたようだが、後半は相手のライン裏にスルーパスを出したり、大きくサイドチェンジしたりしている。
 特に印象に残ったのは背番号11の古橋。前半には目立たなかったのだが、後半はスピードを活かして裏抜けを狙うことで相手のラインを押し下げていた。すると中盤のスペースが広がり、他のアタッカー陣がショートパスを繋ぎやすくなった。
 後半の多くの時間は良い攻撃ができていたと思う。団子状態を作ることにこだわらず、状況に応じてピッチを広く使うようになった。言ってみれば、団子がときどき五平餅のように広がるわけだ(謎)。相手が団子に慣れたところで五平餅を出してくるのが、大木監督の言う「岐阜スタイル」なのだろう(違うだろ)。
五平餅 - Wikipedia

 

他に印象に残った選手

シシーニョ

 疑っててすまんかった。まさに「遠くから見ても分かるほどの」上手さだった。ショートパスの交換だけでなく、ドリブルで敵陣に切り込んだり、大きくサイドチェンジしたりとパターン多彩。

 

大本祐槻

 古橋がライン裏を狙っていたと書いたが、大本もスピードで相手を脅かしていた。後半に田中パウロと組んでからの突破は破壊力大。突破に成功してからはクロスを狙っていたが、自分で撃ってみても良かった。少なくともこの日の大本は「プロ初ゴール決めてやろう」と思っても罰は当たらないくらい走っていたと思う。

 

レノファ山口の印象

 時折り見せるパスワークに「ああ、流石は昨年パスサッカーで鳴らしたチームだ」と思わされた。時間ベースで見ると岐阜の方が長くボールを持っていたのだろうが、攻撃の成熟度ではやはり山口さんの方が上だったということか?

 

おわりに・ひとりごと

 純度の高い大木サッカーだったと思う。見る分には間違いなく面白い。順位がどうなるかは分からないが、このサッカーを一年間貫けるならリピーターはきっと増える。問題は上位チームを相手にした時に同じスタイルで食らいついていけるか否かだろう。
 ちなみに以下は試合前に書いた記事。結果は引き分けだったので、フットボールラボのシミュレーションは正確だったと言っていいはず、多分。

buhixdayo.hatenablog.com

 

【関連記事】

 

ふるや五平餅12本詰

ふるや五平餅12本詰

 

*1:つまりこの記事は映像を見直さずに書いています。