読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5節(東京ヴェルディ戦)をもうちょっと真面目にレビュー

サッカー FC岐阜

 

 …というわけで夕食を摂ったら少し落ち着きました。悟りを開けそうな気分になっていたのは、単に空腹で頭がボーッとしていただけかもしれないですね(ぉぃ)。

 では、第5節の試合についてもう少し真面目に書いてみましょう。

 

スタメン発表の時点でビックリ

 前節のスタメンから風間宏矢、田中パウロ淳一が外れ、替わって難波宏明山田晃平が入りました。風間はベンチにも入っていません。

 田中パウロはともかく、風間の名前がないのを見た時には驚きました。風間はここまで得点こそ挙げてないものの、攻守に渡ってかなり走ってくれていましたし、プレースキッカーも務めていました。彼の役割が「偽9番」であることは明らかなので、ゴールがないことを批判するのは当たらないと思います。それがいきなりベンチ外になるという事態には、軽く衝撃を受けました。※その後に入った情報によると、風間は臀部を怪我したとのこです。

 替わって入った選手たちについてですが、難波を入れたのは単純に得点力に期待してのことだと思います。山田を入れたのは大本とのコンビネーションで右サイドを突破するためでしょうか(前節の田中パウロは大本との連携がいまいちでした)。

 

工夫は見えた前半

 前半の攻撃には工夫が見られたと思います。前節との最大の違いは、やはり最前線に難波がいることでしょう。彼がいてくれるおかげで、サイドからクロスを上げる(あるいはグラウンダーのクロスを入れる)という選択肢が増えました。

 実際に上げたクロスの本数はそんなに多くなかったのですが、攻撃の手段が増えるということ自体が大事です。複数の攻撃手段を持っていてこそ、敵の守備陣を前後左右に振って隙を生み出すことができるのです。その少ないクロスから決定機を何回か作ったので、難波の働きは悪くなかったと思います。

 もう1つ印象に残ったのは、青木がロングフィードを蹴っていたことですね。両サイドの裏のスペースを古橋と山田が狙い、そこに青木が長いボールを入れようとしていました。狙いは非常に良いと思います。

 これには二重の意味で効果が期待できます。1つは「岐阜は最終ラインから細かく繋いでくるぞ」と思っている相手の裏をかくこと。もう1つは庄司やシシーニョに頼らなくても前線にボールを送る経路ができることです。今日はゴールを生むまでには至りませんでしたが、これからも試みていく価値のある攻撃パターンだと思います。

 

後半はやられた

 前半は無得点ながらまだ希望を感じさせる内容でしたが、後半は正直、スコア以上に圧倒されていたと思います。大木監督は前節の試合後に「今までで一番悪い内容だった」と言っていましたが、今日の後半の方が悪かったんじゃないかな、という気がしますね。

 端的に言うと、ボールが持てませんでした。運動量が目に見えて落ち、大木流の「素早い攻守の切り替え」でボールが奪えなくなりました。東京Vの選手たちが息を吹き返したようにパスを回し始めたのが印象的です。

 細かい数字は確認していないのですが、おそらく後半のボール支配率は40%くらいしかなかったのではないでしょうか? 別にボール支配率という数字自体には高いから良いも低いから悪いもないのですが、岐阜のような極度にポゼッション志向のチームが相手よりもボールを持たれることは「完敗」を意味します。自分たちの長所であるはずの部分でも相手に上回られたということです。あれだけボールを奪われたのに1失点で済んで良かったな、というのが率直な感想です。

 なぜそうなったかと言えば、根本的にチーム設計が違うからでしょう。ロティーナ監督が「効率的に走るチーム」を志向しているのに対し、大木監督は「すぐ走るチーム」を志向している感じですね。どこかの街にあった「すぐやる課」みたいな(それは違うか)。まあ大木さんは頑固な監督なので、我々には「何とか大木流で1年戦い抜いてくれ」と祈ることしかできません。

 

そして、この先は…

 正直、今のFC岐阜は評価が難しいと思います。過大評価にも過小評価にもなりやすい状態です。

 昨年までのように「そもそもどんなサッカーがしたいかも分からず負ける」ということはありません。何がしたいかは分かりすぎるほど表現されています。ですから、その点だけを見れば進歩です。大進歩ですFC岐阜が好きな人ほどそれが分かりますから、「昨年とは違うぞ!強くなったぞ!」と喜んでしまいます。

 反面、5試合で勝ち点2しか取れていないのも事実です。最近になって興味を持った人に「強くなったって聞いてたけど全然大したことないじゃん」と思われるのもまた、仕方のないことでしょう。

 ちなみに、私はどちらかと言えば「勝った試合がいい試合」「勝つサッカーがいいサッカー」と考えるタイプの人間です。「負けたけどいいサッカーしてたよ」式の擁護の言葉は、本来なら嫌いです。ただ、大木監督のサッカーにはロマンがあるとは思いますし、見ていて楽しいサッカーをしているとも思います。贔屓目を抜きにしても、エンタメ性の高さではJ2屈指ではないでしょうか? 「これをもっと多くの岐阜県民に見てほしい」というのもまた、嘘偽りのない私の気持ちなのです。

 差し当たっては「勝ててないけどまだ慌てなくていいかな」と考えています。開幕前に監督が掲げた一桁順位という目標は、まだまだ十分狙えるものだからです。

第5節(東京ヴェルディ戦)の結果

サッカー FC岐阜

 

0-1で敗れ、今シーズン初勝利はなりませんでした。

 

 …何か、毎週同じこと言ってる気がしますね。何て言えばいいのかな、あともうちょっとで悟りが開けるんじゃないかっていう気がしてきました。

 悟りを開きたい方はFC岐阜を応援してみるのがお勧めです(錯乱)

第5節(東京ヴェルディ戦)プレビュー

サッカー FC岐阜

 FC岐阜は明日(25日・土曜)、味の素スタジアム東京ヴェルディさんと対戦します。今シーズンは開幕から4試合連続で現地観戦してきましたが*1、第5節はDAZNで観ることになりそうです。
 アイスタでの観戦記にも書きましたが、東は静岡、西は大阪が「思いつきで行ける場所」の限界ですね。そこまでなら、ふらっと行っても何とか日帰りできます。東京まで観戦に行くなら事前にもうちょっと計画を立てておかないとダメです(笑)

予習:第4節・レノファ山口

 予習として前節の東京ヴェルディ(以下東京V)の試合を観てみました。山口は既に岐阜と対戦済みのチームなので、岐阜と東京Vを比較するならこの試合が好い材料となるでしょう。

前半の印象

 ポゼッションで上回ったのは山口でした。昨季のようにパスを繋いで攻める形が出来上がってきたようです。少なくとも岐阜戦よりは格段に上手くパスが回っていました。
 ただボランチが定位置にいないというか、中盤の底とかバイタルエリアとか言われる位置に誰もいない?局面があるのは気になりました。そこに誰もいないせいで、後ろからビルドアップする時にCB→SB→SHという経路でサイドにボールを運ぶ以外の手がなくなっていたような気がします。
 ですので、山口はポゼッションで勝っていてもあまり東京Vに脅威を与えられてはいなかったと思います。パスは回せるけどサイドのスペースに偏っている、フィニッシュは岸田の裏抜け一発に頼るしかない、という感じです。なかなかフィニッシュに至れないのはどこかのクラブに似ていますね。名前は伏せるけど、岐で始まって阜で終わるクラブとか(笑)

ヴェルディの守備力

 東京Vはここまで4試合で1失点しかしておらず、Jリーグ公式HPのプレビューでもその守備力が注目されています。
東京Vvs岐阜の見どころ(明治安田生命J2リーグ:2017年3月25日):Jリーグ.jp
 守備の堅さにも色々なタイプがあります。山口戦を観た限りでは、CBやGKの個人的能力で跳ね返すタイプの「堅さ」ではなく、チーム全体でしっかりプレスをかけてくるタイプという印象を受けました。
 と言っても「どや!この運動量を見ろ!」とばかりにガムシャラにプレスするわけではありません*2。むしろ「ダッシュする距離が短いな」という印象を受けました。無駄なく効率的に走っている感じです。ボールの取り所を決めて、取りに行く・行かないの判断をしっかりと下しているのでしょう。ロティーナ監督の指導によるものだと思います。
 DFラインの高さについては、画面に映っていないので分からない部分もありますが、おそらくプレスと連動してしっかり上げてきているのだと思います。岸田が裏抜けで何度かチャンスを作れたのは、東京Vが最終ラインを高く保っていることの裏返しでもあるのでしょう。
 岐阜は前節(横浜FC戦)で「最終ラインでのショートパス」を狙われているフシがありました。東京Vも当然それを見ているでしょうから、岐阜の最終ラインに積極的にプレスをかけてくる可能性があります。CBやSBがボールを取った時、近くの味方に渡す(細かく繋いでビルドアップする)のか。それとも大きくクリアした方がいいのか。その判断をしっかりとしなければいけませんね。

後半の印象

 前半よりは東京Vがボールを持っていた印象です。しかし両チームともあまり決め手がありませんでした(東京VがPKで1点を追加してはいますが)。惜しいシュートと言えば安在のクロスバー直撃の一発くらいだったでしょうか。
 守備面では東京Vがプレッシングする場面は減り、ブロックを作って守る感じになりました。山口が根性でプレスをかけ続けようとしている(ように見えた)のとは対照的です。
 このブロックがなかなか堅く、山口の志向するパスサッカーでこじ開けることはできませんでした。岐阜も苦労させられそうです。「パスを回しまくっても相手のブロックの中に入れず、シュートを撃てない」という場面が、目に浮かぶようです。もちろんそれでも最終的に点が取れさえすればいいのですが……。

印象に残った選手

 まず安在和樹です。運動量があり、左足の強烈なキックもあります。守備時にも精力的なプレッシングで目立っていました。
 他には井上潮音や高木善朗高木大輔らでしょうか。ポゼッションでは相手を下回っていたのですが、CBやGKが目立つ(ほど攻め込まれている)というわけでもなく、アタッカーの豊富さが印象に残りました。群馬戦の横浜FCに近い感じです。

展望

 上記の通り、東京Vの守りは「プレスをかけて良し、ブロックを作って良し」という感じで、かなり堅いです。崩すにはアイデアが必要ですが、現状の岐阜イレブンからそれが湧いてくるのか。大木サッカーの試金石になると思います。
 それから大事なのはやはり、最終ラインにプレスをかけられた時の対応でしょうか。ショートカウンターは岐阜対策としてどんなチームも狙ってくると思います。その場合、技術の高い庄司やシシーニョからボールを奪うのは難しいので、運動量的に多少無理をしてでもCBにハイプレスをかけることになると思います。それにどう対応するのかは決めておかねばなりません。
 これまでの試合でも庄司が最終ラインまで下がってビルドアップしたりしているので、大木監督もハイプレス対策は考えているのでしょうが。

フットボールラボのシミュレーション

 最後に、おなじみフットボールラボの対戦シミュレーションを載せておきます。
FC岐阜 対戦予測シミュレーション 対東京V | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~
 30戦して9勝9敗12分という結果が出ているので、戦力的には五分五分なのでしょうか。
 まあこのシミュレーションは監督の戦術を反映したものではないので、参考程度にしかなりません。あくまで戦力や選手層が大雑把に分かるだけです。仮に戦力が同等だとしても、実際の試合展開は監督の戦術やゲームプラン、選手交代によって変わります。ロティーナの盾を大木武の矛がどう突くのか、見届けましょう。

*1:4試合中3試合がホームゲームであり、唯一のアウェーゲームも近隣の豊田スタジアムで開催されたため。

*2:Jリーグにはそういうチームが多い。対戦相手の山口もどちらかと言えばそう。

今後のFC岐阜が進む方向2〜バルサの真似はできなくても〜

サッカー FC岐阜

(こんなタイトルだけど文章は前回から直接繋がってるわけじゃありません)

百聞は一見にしかず

 私は今季のFC岐阜を語る上で、「ショートパスで中央を崩す」というような表現を何度も使ってきました。では、それって具体的にどのようなプレーのことを指すのでしょうか。
 口で説明するよりも、動画を見て頂いた方が早いと思います。


『メッシ』tiki taka超絶コンビネーションまとめ Lionel Messi GOD OF TIKI TAKA

 まあ、こんな感じです。天下のバルセロナ、天下のメッシによるパスワークですね。ちなみにこの動画はYouTubeで「サッカー/コンビネーション」と検索すればトップに出てきます。他にも色んな動画がありますが、ショートパスでの崩しとなればやはり(何年か前までの)バルセロナが1つの理想形でしょう。
「敢えてピッチを狭く使う」大木監督のスタイルも、究極的にはこのようなコンビネーションを目標としているはずです。

バルサは1日にしてならず

では、FC岐阜がこのような攻撃を行うことは可能でしょうか。結論から言うと、なかなか難しいと思います。少なくとも「すぐには」できないでしょう。
 そう言うと「そうだよな。どうせ日本の選手はレベルが低いからな」「メッシのような特別な選手がいなきゃ無理だからな」などと思われるかもしれません。しかし、それは私の考えている理由ではありません。「選手のクオリティが低いからできない」ということではないのです。
 確かにJ2のレベルは世界的に見れば高いものではありません。しかし、相手も同じJ2のクラブなのです。FC岐阜の選手がバルセロナの選手に及ばないのと同じくらい、相手の守備陣もリーガエスパニョーラや欧州CLの守備陣に及びません。ですから個人的には、選手のクオリティは本質的な問題ではないと思います。J2という枠の中でだけなら、上の動画のような"パス無双"は可能でしょう。
 ではなぜ「難しいだろう」と書いたのか。理由は単純です。コンビネーションは出来上がるのに時間がかかるからです。
 バルセロナの選手たちだって、一朝一夕にあのような連携を身につけたわけではありません。少年期からカンテラ(下部組織)で共に過ごし、サッカー観を共有し、一貫したメソッドに沿って育てられた結果としてあのコンビネーションがあるのです。
 ですから極論すれば、FC岐阜のユースチームで大木戦術を教えなければいけません。育成年代からトップチームと同じ戦術を教えられてきた選手たちでなければ、大木流を完璧に体現することはできないでしょう(本当に子供の頃から大木戦術を身につけさせることができるならば、かつてのバルセロナよりももっと細かいパス回しが可能になるかもしれません。夢のある話ではあります)。
 そのような極論は置いておくとしても、チームが成熟するには時間がかかります。現在のFC岐阜には庄司、シシーニョ、風間、永島、福村などパスに長けた選手が揃っています。まだ出場していませんが野澤も上手いはずですし、CBとしては青木も上手いです。パス能力だけならJ2屈指のチームかもしれません
 しかし、そのような選手たちを集めてもまだまだコンビネーションは完成していません。今シーズンが開幕してから、「パスで崩し切る」ゴールはまだ生まれていないのです。それがいつ出てくれるのかは分かりませんが、まだ何節か先のことになるかもしれませんし、何ヶ月も先になるかもしれません。

持っている武器で戦うしかない

 とは言っても、ショートパスが現時点でFC岐阜の最大の長所であることに変わりはありません。ですからその長所を使って何とか相手の短所を突いていくしかないと思います。
 綺麗に崩すことができなくても、いつもの「密集からのショートパス」で相手のペナルティエリアに侵入していくしかありません。今までに何度か言いましたが、そうやって相手ゴール前で混戦を作れれば何かが起こるかもしれないのです。
 これも口で言うより動画を見た方が分かりやすいと思います。前節の徳島ヴォルティスのゴールが非常に参考になりますので、貼っておきます。



【公式】ゴール動画:渡 大生(徳島)30分 大分トリニータvs徳島ヴォルティス 明治安田生命J2リーグ 第4節 2017/3/18

 まあこんな感じで、「ペナルティエリアに入ったら団子サッカー」を目指すのがよいのではないでしょうか。それでも点は取れるはずですし、他チームの脅威になれると思います。ペナルティエリアに侵入するまでは中盤で今までのようなパス回しができればOKです。
 そして繰り返しになりますが、この長所を活かすためにこそ、ミドルシュートやサイドアタックもあるぞと相手に思わせ、相手の守備陣を縦横に間延びさせるべきでしょう。